猟犬だもの。

このサイトはネットゲームのプレイ日記をメインとしている、と見せかけて案外他のことも書いてあるよく分からないブログです。
Posted by Hound

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Hound   4 comments   0 trackback

九州地方(熊本~種子島)自転車旅行 前編

こんにちは、マックポテトの冷えてしなしなになったやつがなんか好き、Houndです。

PSO2内では、旅先よりアクセスして色々お騒がせしておりましたが、GW休みを利用して
前回の続きである、九州自転車旅行に行ってきました。

blogr4700001-130422.jpg

旅の全行程はこんな感じ(*’-’)r
(自転車での移動は4/28~5/1までの4日間ですが、九州までの行き・帰分を含めると
 4/27~5/2の6日間の旅となってます)

前回旅行のゴール地点熊本から出発して、ずっと南下。
鹿児島よりフェリーで種子島に渡り、前々からちょっと興味のあったJAXA種子島宇宙センター
ゴールに設定しました。

全工程330km程、4/29の部分で多少上りもありますが、他は大きなアップダウン無し。

今回は色々写真を撮れたので、久々に真面目に日を追いながら、旅行記を書いていきたいと
思います。
加えて今回はPS Vitaを持参していたので、PSO2 Vita版の機能である
"キャラクターポートレート"もちょこちょこチャレンジしてみました。

やってみると中々面白い……けど、前から思っていた通り、観光客の犇く名所でPS Vitaを
取り出し、ああでもないこうでもないと、いじくるのはちょっと恥ずかしいものがありますね。

い、今こそ、ある意味でPSO2愛が試される時!

ほいではいつもの様に、続きは以下のリンクから。




1日目 (4/27) 熊本までの移動

前回の旅行で、車で大渋滞にはまり1日余計に潰れるというトラブルがあった為、今回は新幹線で
熊本まで移動。

静岡~博多間は"東海道新幹線・山陽新幹線"で移動し、博多からは"九州新幹線"に!

3.11大震災の直後2011年3月12日に開通した為、あまり大きく宣伝もできなかった悲しき
新幹線。乗るのは初めてです。
私は鉄ちゃんではないですが、やっぱり初めて見る車両にはちょっとワクワクしますね。
ので、ちょっとご紹介。

<九州新幹線 800系 さくら 正面から>
blogr4700003-130503.jpg

<内装>
blogr4700004-130503.jpg

木材を基調とした暖色系の内装がなんか凄く好み。
新しいから当然かもしれませんが、東海道新幹線・山陽新幹線よりも、快適快適。

ただ…GW初日だというのになぜか殆ど人がのってなかった…これ、儲かってるのかな…。


博多から熊本までは1時間もかからずに到着。
この時点でまだお昼前…!!

朝一に静岡を出て、お昼前に熊本。
世界は狭くなったもんだ…。


と、初日の午後がいきなりフリーとなったので、軽く熊本市街を散策。

<寄り道 その1 熊本城>

blogr4700005-130503.jpg

熊本市の市街地にある熊本城。
定番中の定番なんでしょうが、見所は多いとおもいます。
敷地内には、天守閣の他に本丸御殿、重要文化財に指定されているヤグラ、"宇土櫓"等が
ある為、ここひとつで結構な時間を潰せます。各建物の中にも展示物が結構な点数ありますしね。
あ、但し入場は有料で400円です。

天守閣から見下ろす熊本の風景
blogr4700006-130503.jpg

ちなみに写真には写っていませんが天守閣下の広場では、武将の格好をしたスタッフ達が
案内やちょっとしたショーをしてくれます。
案内はいかにもな口調で 「この先の通路 右側通行で御座る 段差に気をつけて進まれよ 」
みたいに( ノ∀`)

Hound君も大はしゃぎです

blogr4700007-130503.jpg

スタッフ:「お客人!城内でのホバー走行はおやめ下され!」


……取り押さえられました。


<寄り道 その2 夏目漱石内坪井旧居>

blogr4700008-130503.jpg

夏目漱石が熊本大学で教師をしていたときにすんでいた住居。
別段、漱石ファンではないのですが、熊本城の近くにあったのでちょっと訊ねてみました。
なお、普通の住宅街の中にあるのでちょっと見つけにくいかも。

最初、庭先に入ろうとして、なんか普通の民家と全然変わらな~、と思っていたら
坪井旧居の隣にある普通の民家で焦りました。

坪井旧居もまた、元は普通の民家ですし、さっと見るだけならば30分位で回れてしまいます。
館内には漱石直筆の直筆の原稿や、熊本での生活についての年表等が展示されています。
ちなみに入館料は大人200円(*’-’)r

blogr4700010-130503.jpg

坪井旧居内ではありませんが、近くにこんな看板(?)が。
なんとも漱石愛にあふれた街ですね。こういうのはなんかいいなぁ。

思わず我輩の一人称も我輩になってきてしまいますね。

blogr4700009-130503.jpg

夏目漱石:「サラサラサラ…我輩は猫である。名前はまだない。どこで生れたかとんと
      見当がつかぬ。」

Hound:「ブツブツブツ…吾輩はデーモン閣下である。名前は人間の言葉では発声出来ない。
     紀元前98038年11月10日に発生、地獄の都Bitter Valley地区出身である。」

夏目漱石:「(……なんだこいつ…)」



2日目 (4/28) 熊本~水俣 

本日より自転車旅行がスタート!
行程はこんな感じ。

blogr4700011-130503.jpg

天気も良く、風も強くはなく快調な出だし。
九州はこの季節、南からの季節風(南下する私にとっては向かい風)がよく吹くと聞いていた
ので警戒していましたが、これはラッキー。

特にトラブルもなく…、あ、いや、ちょっとスマホのナビが上手く動かないトラブルは
ありましたが(よく海の上を走ってました)進行自体は問題なく進みました。


<寄り道 その3 ばんぺい湯(日奈久温泉センター)>

blogr4700012-130503.jpg

あ、なんか写真が凄い雑だ…すみません…。
熊本と水俣の中間(よりちょっと水俣寄り?)にある街、"日奈久(ひなぐ)"。
小さく古めかしい温泉街ですが、それがまた雰囲気のあってよい感じ。
走っていたら、「足湯」の看板が目に飛び込んできたもので、ついつい足を止めてしまいました。

blogr4700013-130503.jpg

足湯に浸かりながら、休憩。地図を見る。

なんか趣があっていいですね、こういうの。
この足湯はばんぺい湯建物の横にあるもので、建物内には勿論ちゃんとした御風呂が別に
御座います。そっちも入ってみました。
全体的に、あまり大きな設備とはいえませんが、サウナや露天風呂もついており、食事も
できるので休憩場所にはもってこいですね。

……ただ、風呂入った後で、また走ろうとするとちょっとモチベーションが…( ノ∀`)

その後、ゴロ寝したい…という欲望を抑えつつ走り出し、無事この日の目的地である
水俣に到着。

blogr4700014-130503.jpg

どうしても"水俣病"のイメージが先行してしまう街ですが、過去の苦難の歴史を乗り超える
べく、環境や福祉に力を入れているようです。今では環境モデル都市に認定されているとか。

元々は海の幸・山の幸に恵まれた土地みたいですね。小さく、寂れている感がある街では
ありますが、ここの定食屋で食べたさしみ定食はおいしゅう御座いました(´人`)



3日目 (4/29) 水俣~鹿児島 

走り出して2日目。この日の行程はこんな感じ。

blogr4700015-130503.jpg

高度自体は大してありませんが、連続したアップダウンがちょっと厄介。
加えこの日から、段々風が出てきた…。

ナビの調子は相変わらずです。
GPS電波が微弱、という表示が出ておりましたが、山奥でもないのにそんなことあるの
だろうか。もしや面倒くさがってスマホのOSを更新しなかったのが原因・・・!?


<寄り道 その4 出水(いずみ) 鶴の渡来地)>

水俣から南下して、20キロ程ののところにある小さな街(市)。
市内には広い平野の田園地帯があり、そこに渡来する"鶴"が観光名物になっております。

渡来地の風景はこんな感じ。

blogr4700016-130503.jpg

……。

(」゜ロ゜)」のどかDaaaaaaaaaaa!!

脳内BGMが"カントリーロード"になりそうな場所ですね。

鶴の渡来は10~12月頃、もちろん一匹もいませんでした。
調べてみたらピーク時には1万羽以上の鶴たちが飛来するんだとか。
街自体も賑わうようですし、この時期に来てみたかった。

blogr4700017-130503.jpg

田園の中に"ツル観測所"なるものもありましたが、どうも閉まっている様子…
まぁ、鶴のいない時期に開けていても仕方がないですものね(´・3・`)


さて、この後再び走り出しましたが…

この辺から左の膝に段々と違和感が。
出水から更に40キロほど南下した、川内(せんだい)に差し掛かる辺りではもう違和感が
痛みに変わっておりました。

違和感を感じ始めた頃から、ああ、来るだろうな… とは思っておりました。
実はNZ(ニュージーランド)での自転車旅行でも同じところを一度痛めているんです。

原因にはやっぱりトレーニング不足があったかと思います。
ここはちょっと反省だなぁ…。

しかし、前にも一度痛めているということは、対処法を知っているということでもある!

①立ち漕ぎ 封印
②惰力で上りきれないような坂は、無理せず降りて歩く

これで割と負担は減らせるはず。

加えて、NZの時とは違い、今回はロードバイクなのでビンディングがありますしね。
やろうと思えば右足一本でも平地は進めるのでこれにかなり助けられました。

※ビンディング
 ペダルと専用シューズの底についている金具を使って、ペダルとシューズを固定する事。
 足とペダルが固定される事で、漕ぐ時の力の分散を減らせる。
 また、ペダルを"踏む"だけではなく"引っ張る"こともできるので、使える筋肉部位が
 増やせるのだー。
 但し、足とペダルがくっついているので(足を横に捻れば外れるが)咄嗟に足が地面に
 着かず、事故の原因になってしまうことも。



とはいっても、痛みを感じ始めた時点で、残り距離はまだ50km以上。しかも昇り込み。
寄り道もせず無心でキコキコしていましたが、鹿児島に到着する頃には大分悪化していたと
思います。

本当はこの日に、鹿児島市街の観光もしてみたかったんですが、そんな余裕はなくゴールの
鹿児島中央駅の写真だけとって、ホテルに直行。

blogr4700018-130503.jpg

目的の一つであった桜島の写真は、後日(5/2)に改めて取り直しました。
ただ、この日の方が天気も良く、午前中に撮れたので結果的にはよかったのか( ノ∀`)

blogr4700019-130503.jpg

あ、でも雲が…orz


因みに、膝を痛めてはおりましたが、その痛みに勝る食欲で、ちゃんと有名処に夕飯を
食べに行きました(笑)

行ってきたのは、鹿児島中央駅から徒歩10分程度の所にある、トンカツ屋"黒かつ亭"。
blogr4700020-130503.jpg

勿論メニューは鹿児島産の黒豚を使ったものが沢山。
私は和風おろしトンカツ定食を注文。なんでも定食にするとご飯とキャベツはおかわり
自由だとか。味は文句無しに美味しかったです。

blogr4700021-130503.jpg

腹減っていれば何でもおいしいだろう、とか野暮なつっこみは無しです( ゜ロ゜)m9


これにて3日目も終了。
ホテルに帰って速攻就寝・・・はせずに、VitaでPSO2やっておりました( ノ∀`)


4日目 (4/30) 休息日 

この日は本来は、鹿児島県の南端にある"指宿(いぶすき)"まで走り、そこから鹿児島
までUターンしてくるつもりでしたが、膝の調子が回復しなかったのに加えて、雨と
なった為、休息日としました。

blogr4700022-130503.jpg

こういう場合、いつも、ちょっと無理をすれば走れるんじゃないか…とか、走らないのは
自分の甘えなんじゃないか…とか悶々悩んでしまうもんなんですが、この日は結構な
土砂降りだったので、すっぱり気持ちの切り替えができました( ノ∀`)
ある意味ここは降ってくれてよかったのかも。

しかし、だからといってホテルでじっとしていても面白くないので、指宿へは電車で
行ってみることにしました。

鹿児島中央から指宿までは約50km程度。小さな私鉄に揺られながら1時間ちょっとといった
ところです。

blogr4700023-130503.jpg

この駅前にも足湯が!!さすが鹿児島、温泉地帯の多いこと多いこと。

blogr4700024-130503.jpg


さて、この指宿という街、鹿児島本土の南端、つまりは九州本土の南端ということになりますが
"最南端"ではありません。
最南端は鹿児島湾を渡った東側にある"佐多岬"となります。

北海道では最北端の宗谷岬まで走ったので、本来ならば今回佐多岬を目指すのが筋で
あったんでしょうが…正直、佐多岬にはあまり見所が無いようなんです。

対して指宿の方には、温泉地があり…名物の"砂風呂"に入れるのです!
ええ、これが指宿の方を選んだ最大の理由だったりします。一度入ってみたかったのです。
どうせ、佐多岬よりも南にある種子島をこの先走るつもりですからね。ここは楽しめそうな
ところをチョイスさせてもらいました。

ということで行ってきました、評判の砂風呂・温泉施設"砂楽(さらく)"。
blogr4700025-130503.jpg


建物の向こう側はもう海であり、その砂浜が温泉地帯であり、常に蒸気が上がっています。
雨天ではありましたが、砂浜に専用のテントが設けられており、そこで砂風呂に入れます。

受付で渡される専用の浴衣を身につけ、テントまでゆき、係員に案内されるまま、徐に
砂地に横になると…埋められます。

スコップでざっくざっくと砂をかけられ、最終的に顔だけ外に出る形ですが、人に
埋められるって結構恐怖感があるものですね( ノ∀`) 砂も思ったより重かった。

ええい、絵で説明できないのがもどかしい…。
温泉施設なので、カメラはまずかろうと思い、浴衣に着替える際に置いて来てしまいましたが
どうやら撮影OKの様で記念撮影している人もちらほら……失敗したかな。

なんかこう…"カイロでできた布団に入っている"ような感覚でしょうか。サウナ程の
熱量があるものではないので、のんびり入ってられそう。

あとで調べて分かったことですが、他見でも砂風呂の施設はちらほらある模様。
(東京の大江戸温泉 等)
興味のある方は試されてみるのもよいかとヽ( ´ー`)ノ


砂風呂を堪能した後は、再び電車で鹿児島へと戻り、そこからフェリーで種子島に!!


……あう、既に大分長くなってしまったな……。
続きは後編に分けたいと思います。

今回はここいらで、それではまた!

Comment

レオン says... ""
今更だけどおかえりなさい。
旅行記楽しみにしておりました。

ハウさんの駆け抜ける熊本城のPSEレベルがアップしていますね。

膝の方が心配ではありますが、その後大丈夫でしょうか?
癖にならないといいですね。

そして次の旅はお盆休みかな?
夏といえば沖縄ですよね!
2013.05.06 15:18 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>>レオンさん
ありがとうございます、旅先からは色々お騒がせ致しました。

PSEは弾けなくて良かった…。

膝の方は、そうですね、確かに癖になるのは怖い…。
でも痛めた一番の原因は私の練習不足だと
思っているので、次回はしっかり準備したいですね。
ネトゲする時間を練習に当てれば一発で解決するんでしょうが(;´д`)

また後編を書かせて頂きます。
そして実はブログには載せてませんが、沖縄は既に走っていたり…( ̄ー ̄)
2013.05.07 12:45 | URL | #- [edit]
mon-p says... ""
遂にハウさんの自転車も水陸両用になったのですね。おめでとうございます

いやー、GWらしい時間を過ごされているようで何より。お疲れさんでしたヽ(´ー`)ノ そして荘厳なる城内でVitaを構える若者(?)・・・けしからんですねぇ・・・通報しておきましょう(ぁ

膝は一回痛めると治り難いと聞きます。くれぐれもご用心をb ・・・ってか特に遠出もしてない私はなぜか「腰」がまた痛く;; なんなんですかー!!
2013.05.07 15:56 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>>mon-pさん
VITAを弄るときは「これちょっと変わったデジカメなんですよ、ピントの調整してるだけなんですよ」
という表情をしているので問題はないはず…。

癖になる怪我は怖いですね、やっぱり日頃のトレーニングが一番良い予防なのかな。

腰も年に関係なく、突然来ることがあるそうです。お気をつけくださいまし。
2013.05.09 12:39 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hound.blog33.fc2.com/tb.php/92-782ab85a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。