猟犬だもの。

このサイトはネットゲームのプレイ日記をメインとしている、と見せかけて案外他のことも書いてあるよく分からないブログです。
Posted by Hound   3 comments   0 trackback

そうだ、凍土へ…京都へ行こう。

こんにちは、2012年も終りですが、大掃除が遅々として進みませんHoundです。

さて、今回は久しぶりにPSO2以外のお話。
唐突ではありますが、始まりました冬期休暇を利用して京都へプチ旅行にいって参り
ました。

blogr380010-121230.jpg
(西本願寺横 興正寺より一枚)


ちなみに今回は自転車旅行ではありません。
京都は学生の頃にやった自転車旅行で一度訪れておりましたし…なにより冬の
自転車旅行はこの時で懲りていたので、今回は普通に( ノ∀`)

12月28日、静岡から新幹線で普通に京都へ向いました。
嗚呼、消耗せずに目的地につけることの素晴らしさよ!


では、続きはいつものように以下のリンクから。



さて、旅行と言いましても、あまり京都観光がしっかりできたわけでは
なかったりします。
今回は友人との二人旅だったのですが、その友人(京都某大学卒生で、京都内に
知人多数)のスケジュールや、天候(28日の午後はずっと雨・・・)の関係から
まともに京都観光ができたのは29日のAM中程度。

さて、この短い時間でどこを回ろうか…と、友人と相談しました。

最初は今年の大河ドラマであった、”平清盛”にまつわる縁の地でも…と思い
ましたが、流石京都。多すぎる( ノ∀`)

加えて、「清盛って好き?」と聞かれたら、うーん…と首をかしげてしまうのが
正直なところ。
どうしても源氏を排斥して、贅沢の限りを尽くしたってイメージがありますからね。
(最近の研究では温和な人物だったという説もあるそうな)

では興味がある歴史人物・集団って何かな…考えたときに出てきたのが新撰組

ええ、わかりますよ。
あれですよね、新撰組。京都で悪即斬でガトツゼロスタイルな集団。
ええ、カッコイイですよね、大好きです。


ええ、もちろん、る○剣でしか知りません(`・ω・´;)
(結構前に香取真吾主演の大河ドラマになってましたがそれも見てなかったなぁ)


友人の話によると、JR京都駅の近くに新撰組縁の場所が幾つかあるとの事。
これを機に少し勉強させてもらおう…。


1.西本願寺

blogr380001-121230.jpg

JR京都駅から徒歩15分くらいの所にある国宝・世界遺産登録されている
有名なお寺。
なんでも浄土真宗本願寺派(そんな派があるのか…)の本山らしい。

blogr380002-121230.jpg

境内には阿弥陀堂・御影堂があり(細かくは他にもいろいろある)親鸞聖人像
(上記写真)が飾られていることで有名のようですが、このお寺、新撰組の
駐屯地の一つ(第2駐屯地)の一つだったとか。
新撰組に関する展示物はありませんでしたけどね。

隊士達はここからよく島原に遊びに行っていたそうです( ノ∀`)



2.壬生寺

blogr380003-121230.jpg

西本願寺から更に徒歩で15分ほど北西に進んだところにある本寺。
”壬生狂言”という劇が行われる大念佛堂(重要文化財)他、様々なお堂がある
あるお寺ですが、境内には”壬生塚”と呼ばれるお墓も併設されており、そこに
近藤勇・芹沢鴨 他数名の隊士が弔われています。


blogr380006-121230.jpg
壬生塚内、近藤勇胸像

blogr380005-121230.jpg
胸像横にある絵馬。

内容についてはぼかし修正をかけさせてもらいましたが、女性が描いた(と思われる)
キャラクターものの絵馬が多かったです。
というか、壬生寺自体が女性ばかりだった( ノ∀`)

噂には聞いていましたが、これが…これが歴女の力ッ!!
PEA○E MEAKERとか薄○鬼なんかの影響なんでしょうか・・・って、私も
同じようなもんかΣ( ̄□ ̄;)w


3.壬生駐屯所跡地(第一駐屯所 八木亭)

blogr380004-121230.jpg

壬生寺のすぐ近くにある、新撰組の第一駐屯所の跡地。
壬生地域の郷士であった、八木家が、江戸から上洛してきた浪士達がここを宿所
として、新撰組を発足させて場所です。

石碑の横はお茶屋さんになっており、”新撰組饅頭”的なお茶菓子が食べられます。
後述の八木亭入場のチケットに、お茶菓子が食べられるチケットが含まれております。
ぐぬぬ…いい商売( ノ∀`)

blogr380007-121230.jpg
八木亭入口。

決して広い家ではなく、見るだけならば5分とかからず終わってしまうのですが
八木亭の中で聞ける、ガイドさんからのお話。これがなかなか面白い。

この八木亭、新撰組第一屯所というよりも、新撰組の前身であった”壬生浪士組”
局長”芹沢鴨”が暗殺された場所として有名です。

この暗殺事件については、ご存知の方も多いでしょうし、歴史サッパリな私が
説明しても混乱や誤解を招きかねないので割愛しますが、端的に言えば、
局長でありながら狼藉ばかり働き、新撰組の評判を地に落としかねなかった
芹沢鴨とその側近を、新撰組隊士達が暗殺した
、という事件です。

ガイドさんが部屋のあちらこちらを指差しながら「ここで寝ていた芹沢を、あちら
から入ってきた隊士達がこう…!」と説明すれば、そりゃあ嫌でも臨場感が出ます
とも。ここは結構おすすめやもっ。


4.京都御所

blogr380008-121230.jpg

壬生寺・壬生駐屯所跡地から北東に徒歩で2,30分進んだところにある、天皇様の
お住まい。(明治時代の始め頃まで)

私達は、途中寄り道したいところもあったので、歩きで行きましたが地下鉄を
使うのが普通でしょうか。

京都の守護がお仕事だった新撰組にとって、重要な護衛対象であった御所…
なんでしょうが、境内に特に新撰組に関する展示物はなかったです( ノ∀`)

もしかしたらどこかにあったのかもしれませんが・・・広すぎる!!
ちょっと、これはこじつけだったかもしれませんせんせん。


ちなみにこの御所の近くにある、”東洋亭”という友人推薦の洋食屋があるの
ですが…年末ゆえに見事にお休み。
皆さんも年末のご旅行の際には、必ず訪問場所がやっているかどうかを確認して
いきましょう(´ω`)


5.おまけ 京都国際マンガミュージアム

blogr380009-121230.jpg

新撰組とは全然関係ないですが、途中で寄り道しようと思っていた場所。

日本発の総合的な漫画ミュージアムで、現在の漫画は勿論、海外の漫画や歴史的に
価値のある漫画・関係資料などが展示されています。
鉄腕アトムやノラクロの展示を見た後に、気になる最近の漫画も読めちゃう。
(一部の図書は、館内の公園等で自由に読んで良い。貸し出しもOK(?))

イベント事もよく行われており、幅広い年代で楽しめると評判のスポット。



なのですが…こちらも年末年始のお休みに入ってました ○<\_
皆さんも年末のご旅行の際には(ry

(※大事なことなので2回(ry



以上!
ちょぉーっと、いけなかった場所があったので悔しい(特に漫画ミュージアム…
行きたかったぜ…)思いもありますが、自由動ける時間が少なかった割には結構
楽しめたかなと思っております。

普段、歴史に大して興味のない私でも、こうして実際の場所を訪れると嫌が
おうにも興味が沸いてきちゃうものですね。
機会があればまたいきたいなぁ…新撰組ツアー…よし、手始めに漫画喫茶で
PEACE M○KERでも読んでおこうε=ε=ε=ε=┌( ̄ー ̄)┘

それではここいらで!

Comment

レオン says... ""
おかえりなさいませ。
おや、そういえば京都のお土産を貰ってませんね…?

私も社員旅行で京都行きましたが…
どうせ行くなら気心知れた友人と行きたかったですねぇ。

お寺とか歴史的に由緒ある場所って、
小学校の修学旅行で行くよりも、大人になってから行った方が楽しめますよね。

でも一番興味持てるのはマンガミュージアムだったり…
2012.12.31 02:38 | URL | #- [edit]
五橋 says... ""
 こちらでは初めまして、五橋です・△・)ノ
 ・・・そういえば私もお土産いただいてませぬな。まあニヤニヤしながら八つ橋を取り出す様が目に浮かぶので、あらかじめオコトワリーしておきますか=△=

 しかしPSO関連のブログ巡ってて、西本願寺を目にするとは・・・。私の実家は浄土真宗本願寺派の寺、西本願寺とも浅からぬご縁があります。下請けの工場から見た本社って感じでしょうか(-△-)人ナム
 あとは山口県人なので幕末の話も大好物、というか総じて山口県人は京都が大好きです(八つ橋が好きかどうかは知りませんが)。中々心躍る記事をありがとうございますm(_ _)m
2012.12.31 13:16 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>>レオンさん
ぐがぁ!?ちょっと齧っちゃいましたが、生八橋をT倉庫に入れておきますねッ。

マンガミュージアム楽しそうですよね・・・、ミュージアムのブログを見ていたら
益々行きたくなって来た。
よし、ひかりもののオフ会はここでやりましょうっ。


>>五橋さん
いらっしゃいませっ、コメントありがとう御座います。。

(ニヤニヤしながら取り出そうとしていたお土産を寂しそうにしまう)
ご実家が西本願寺に関係ある・・・となると・・・

退魔師ですねッ!
山口に蔓延る魑魅魍魎を法力で屠って来た五橋一族…か、カッコイイです!

冗談はさておき、山口県で幕末というと・・・長州藩!(ですよね?
そちらの維新志士の話も面白そうだ。
にわか知識ばかりの記事でしたが、少しでも楽しんでもらえたらこれ幸いです。


ではでは、お二人様、残り数時間ではありますが、よいお年を!

2012.12.31 21:09 | URL | #MyxG9gFQ [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hound.blog33.fc2.com/tb.php/82-b70bdbaa