猟犬だもの。

このサイトはネットゲームのプレイ日記をメインとしている、と見せかけて案外他のことも書いてあるよく分からないブログです。
Posted by Hound   0 comments   0 trackback

北海道(千歳~稚内)自転車旅行 その2

こんばんば、Houndです。

しまった…!
自転車旅行の続きを書くのに随分間が空いてしまった…。

ううむ、ブログ記事は基本休みの日にで書いているのですが、そこに何かイベントが入ると
どうしてもなぁ…。


まぁそんな言い訳してもしょーがないない。
張り切って続きを書かせてもらいまする!


自転車旅行記の続きは留萌~稚内まで、それでは<<続きを読む>>から(*'-')r


P.S 最近のPSPO2 近況

blogr0704-100827.jpg

じわじわ…本当にじわじわとですが一応レベルは上がっております。
最近はソロで「SEEDの胎動」へ行ったり、フレの方に「紺碧の交響曲」へ連れてってもらったり
しているので、魔石(ファントムナイト)の数も持ち直してきました。
お蔭様で、またマガシ抹殺教室に通ってます。

そういえば、今夏中にレベルをカンストされるとか言っている人がいたような気がしたけれど
気のせいだったぜ…!(;´3`)

うっ、まぁまだ夏が完全に終わったわけじゃないですよっ、せめて190位まではいってやるわさ!

5日目(留萌~遠別町 旭温泉)
【移動距離:89km】

自転車旅行ももう後半。
この日の目的地は、遠別町というところにある小さな温泉宿。

blogr00604-100814.jpg


遂に日本海へ出ることができたので、ここからは海岸沿いの道をひたすら北上することに
なります。
この北海道旅行に限らず、海沿いの道を走るというのはやはり気持ちが良いもの。
それに、これまでの国内自転車旅行では日本海側沿いを走ることが無かったので5・6日目の
行程は楽しみにしていたのですが…

blogr0701-100827

天気わっるい。

上の写真は、まだ空模様がマシな時に撮った一枚です。
この日は、風が強くところどころで雨にも降られました。

どうやら台風4号の影響らしい…、北海道には直撃こそしませんでしたが間接的な影響で
雨雲が押し寄せられたみたい。うむむ、無念…。


天気のことに加えて、この日の行程では特に寄り道した居場所もなかったのでひたすら移動に
専念。
よってほとんど写真もございませーぬ。

しかし、ただひたすら走っただけのこの日の事で強く印象に残っているのが
追い風の強さ地形のアップダウン

この季節、北海道の北部では樺太の方へ向かう季節風が吹いているのですが、この天候と
相成って中々の強風に。
私も北へ向かっているので勿論これは「追い風」。
これまで温存気味だった足を意識的に使ったこともあり、この日の走行速度はかなり
速かったです。(私にしては)

ここまでの行程での私の巡航速度(平地・無風状態)は26km~31km/h 程度なのですが
この日は大体35~42km/hくらいでていたと思います。

風の力って恐ろしいなぁ…。

進行速度が速まることは勿論嬉しいのですが、この日の天候を加味するとちょっと危険でも
ありました。
雨で路面はぬれていましたし、それに加えて地形のアップダウンが激しい激しい。

まぁ、海岸線沿いの道ではある程度しょうがないことなのですが、まるでミニ四区のサーキット
コースのようなアップダウンが続く続く。
あの坂を越えれば…と思いながら乗り越えると、すぐさま急にくだり、そしてまた次の登り…。

blogr0705-100827.jpg

もう頭の中ではずっとこんなこと考えてました。


トンネル掘れとまでは言わないけど、あそこまで連続した上り下りは避けられただろーにヽ(;´д`)ノ


登るのが体力削られるってことも勿論ありますが、下りの方が怖かったなぁ。
追い風に加えて、急な傾斜、濡れている路面、転ぶ要素がいっぱいだあ。


そんなこんなでちょっとスリリングな行程でしたが、転倒事故も無く無事その日の宿
「旭温泉」に到着。

宿の外観はこんな感じ。

blogr0706-100827.jpg
(写真は旅行中に撮ったものではなく、宿のHPからお借り致しました。(許可有))

海岸から東に5kmほど、森中に入ったところにある温泉宿。
写真を見ると、建物も大きくどこかの町の一角にあるのか、と思われるかもしれませんが
この宿以外何も無かった…。
森の中にぽつんと建っており、道路もこの宿のところで終わっています。
携帯電話の電波はドコモでギリギリ届くレベル…。

まさに秘湯といっていいかも。

残念ながら写真はないのですが、温泉は種類が多く、また設備も綺麗だったので(比較的新しい)
結構オススメです(*'-')b

地元では結構有名なのか、日帰り温泉ツアーかなんかと思われるバスも来ており賑わって
おりました。加えて、旅行中のライダーも沢山立ち寄っており、旅の話をしながら一緒に
お酒飲んだりヽ(´ー`)ノ
楽しいお宿で御座いました。


6日目(遠別町 旭温泉~稚内(野寒布岬経由))
【移動距離:107km】

当初の計画ではこれが最終日行程、目的地は稚内の北にある野寒布(のしゃっぷ)岬!

この日の天気は……

blogr0703-100827

また悪い…。
昨日ほど風はでていなかった気がしますが、雨量はこの日の方が多かったかと。

ちなみに上の写真はサロベツ原野を走っていた時の一枚。

道中ずっとこんな風景です。ひたすら広がる草原と海…天気がよかったらホントに気持ちが
良いのだろうなぁ。

天気のせいもあるかもしれませんが、道北地方の風景ってなんか独特です。
こう…緑が薄いというか、郷愁があるというか…、とにかく本州の自然にはない感覚があるなと
感じます。
このへんも北海道がライダー・自転車乗りに人気な理由の一つなのかもねヽ(´ー`)ノ


さて、こんな風景の中をひたすら走り続けましたが先に述べた通り所々雨に降られ…
真夏とはいえ、道北での雨。流石にちょっと冷えました…

しかし、それよりも残念だったのがコレ。

blogr0709-100827.jpg

利尻山がよく見えない…!

利尻山(利尻岳)は、宗谷海峡を挟んだ稚内の西側にある、利尻島にある山。
利尻富士の愛称でご存知の方も多いのではないでしょうか(*'-')r

実は稚内を目指す上でこのルートを選んだのは、このサロベツ原野から見る利尻富士の
風景を収めたかったから…。

まぁ、残念ですが天候ばかりはしかたがない(;´д`)

それに写真ではこんな感じですが、肉眼ではもっとはっきり見ましたしね。

そんなボンヤリ利尻山を横に見ながらサロベツ原野を走りぬけ…

blogr0712-100827.jpg

無事野寒岬に到着!!

野寒岬はかなり小さい岬と聞いて言いましたが、お土産屋や宿、それになぜか水族館まであり
そこまで寂れていたとは感じませんでした。

で、そこにあった一軒の海鮮丼屋。

blogr0711-100827.jpg

無敵の生うに丼…!!

実はこのお店(からふと食堂)ここまでの道中であった人達にお勧めとして
聞いておりました。
なんでも新鮮かつ大容量のウニ丼店として有名だとか…。

ちなみに店の壁には「ライダー・チャリダー歓迎」と書かれております。

…(;゚д゚)チャリダーって呼び方は初めて聞いたな。


たた、この時はちょっと時間配分間違えてお昼食べた後に到着してしまったんですよね。
「今の腹の空き具合で大盛りウニ丼はちょっとな…」(小さいどんぶりサイズもあり
ますが、それでも結構大きい)と、思っていたところに目に入ったメニューが。

「チャリ定食(自転車で来た人限定)」

「(;゚д゚)これはネタ的に食べてみるっきゃねぇ!!」と思い注文。
値段も500円程と安かったですしね。

そして出てきたのは…

blogr0713-100827.jpg

……。

………。

…………。

「具少ねぇな」とか思っちゃいけませんよ、500円なんだから(゚д゚)!!

他のメニューはちゃんと具が盛り沢山なのでご心配なく(*'-')r
お味もネタが新鮮でおいしゅうございました。


その後数キロ走って無事最後の街稚内に到着……!!


blogr00606-100814.jpg

7日目(稚内~宗谷岬+稚内空港)
【移動距離:53km】

さて、当初の計画では6日の時点で全行程完了なのですが実はどうしても行っておかねば
ならない場所が一つ…。


日本本土最北の地、宗谷岬です。

日本縦断を考えれば、絶対いかなければならない場所。
なぜ計画の時にここを計画にいれるのを忘れたのか、自分でもよく分からないヽ(;´д`)ノ

幸い、旅行の最終日(本来ならば、飛行機に乗って帰るだけの日)は、飛行機出発の時間が
遅く、余裕があったのでこの日に押し込んでみました。

足も流石にかなり疲れてきていましたが、距離は宗谷岬にたどり着いた後の稚内空港までの
距離を含めても50km少々!なんとでもなる!

blogr0714-100827.jpg

ここまで2日間悪かった天候も回復。
むしろ、雨雲が完全に無くなりこれまでで最も良い空に。
モチベーションもあがります!!

blogr0715-100827.jpg

相変わらず北へ向かう季節風があるというのに、海面はとても静か。
綺麗な水面に青空が映って、景色は本当に青一色。

最後の最後で、本当の夏の道北海にあえたなぁと思いました。


なんか一気に走りきってしまうのがもったいなくて、ところどころ自転車を止めながら
ゆっくり向かっていましたが、稚内~宗谷岬間は30km程度。

2時間もしないうちに到着…。

blogr0708-100827.jpg

流石日本本土最北の地。

立派なモニュメントに、周りには宿屋土産屋。そしてライダーの多いこと多いこと。
写真ではあまり写ってませんが、実際はモニュメントのところで写真を撮ろうとする
ライダーが列を作っているくらいでした(ノ∀`)

私もその列に自転車担いだまま並び、愛車を置いて一枚ぱしゃり。

blogr0716-100827.jpg


旅の終わり。


これにて今回の行程はお仕舞いです。
あ、正確のはこの後稚内空港まで自転車で向かいましたけどね。


さてさて、振り返ってみれば今回の旅は、天候が一時悪かったくらいでトラブルという
トラブルのない好調な旅だったなぁ。

ニュージーランドの時はなんかこう…もっとギリギリ感があったような。

でも、トラブルがない=物足りないって意味では御座いません。
自分の自転車スキル、旅のスキルが上がって来た様で嬉しく思います。
それに、トラブルではない「イベント」なら沢山ありました。

記事にこそ書きませんでしたが、道中かなり多くの人達と話す機会があり、食事処の店主や
多くのライダー、同じ自転車乗りにもちらほら。
ちょっと人見知りしやすい自分でも、旅の勢いか積極的に見知らぬ人に話しかけたり。
これまでの旅ではできなかった良い経験をさせて貰いました。


これまでは自転車旅行が終わると「ああ、もうしばらく自転車はいいや…」と思うことも
しばしばでしたが、今回はその逆ですね。
是非またどこかへいきたーいヽ(´ー`)ノ



ではでは、今回の記事はここいらで。
次の自転車旅行も、どこかで時間を見つけて行けるとよいなぁ…。











Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hound.blog33.fc2.com/tb.php/49-11abaf88