猟犬だもの。

このサイトはネットゲームのプレイ日記をメインとしている、と見せかけて案外他のことも書いてあるよく分からないブログです。
Posted by Hound

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by Hound   8 comments   0 trackback

自転車旅行FINAL

明けましておめでとうございます、猟犬です。

新年の挨拶遅れてすまんです、なんか去年もこんな感じだった気がするなぁ…進歩ないねオイラ!!(*゜∀゜)ゞ


いや、でも今年の年末年始はホントに忙しかったっす…12月31日の夜に自転車旅行から帰ってきて、年が明けた1月2日の朝方には姉 貴 襲 来 !!
クライストチャーチ周辺のあちらこちらに連れまわされ、今日の朝、やっとお帰りになられました・・・・・・( )´д`() ゲッソリ。

姉貴は一切英語が話せないので自分がまがいなりにもガイドする羽目になったんですが、これはかなり疲れるもんですね…。


自分だけで旅行しているときは何か英語に関して間違いを起こしたとしても自分が困るだけ。笑って済ませばいいことですが、他人に迷惑かかるとあっちゃ話は別。

うまく話が通じず「あんた、これだけNZにいるのに全然ダメジャン」なぁんて言われた日にゃおいらの木綿豆腐のようなハートはバニシングトルーパーですよ!(意味不明)



相変わらず見栄っ張りだねオイラ!!(*゜∀゜)ゞ



まぁ、姉貴との観光中、聞き取れない英語が多々ありましたが特にトラブルはなく、無事に終わりました。
( )´д`()ゲホゲホ




さて、なんか今回は書かなきゃいかんことがいっぱいあるっす。

まずは今後の自分について。

明後日1月8日にここクライストチャーチを離れ、友人達とクイーンズタウンやミルフォードサウンド等NZ南島のメインな観光スポットを巡る旅行に行くつもりです。もちろん自転車旅行ではないとです。

そしてそのままその足でオークランドに戻り帰国日まで少々のんびり&勉強、二月の中旬に日本へ帰国という形になる予定です。

ついこの間はいった気がするこのフラットとももうお別れ…また引越しの準備をしないと。あ!オークランドでの新居もまだ確定してないんだアゥアァウ!(;´д`)ノ


ええ、相も変わらずバタバタギシギシオラオラしてます。


ということで家でネットが使えるのも今週いっぱいまで、そろそろ前言っていた自転車旅行を書かなければ…。


では続きはいつものように「続きを読む」から!


それと前の記事でリクエストしてもらったクライストチャーチ大聖堂の画像を一つはってみますね。
bika1.jpg





思いっきり補修工事中…(´∀`;)ヤハハ



自転車旅行 Christchurch~Bluff

総計距離 604km (帰りのバス乗り場があるInvercargillまでの道程を含めれば632km)
期間 12月22日~12月31日の十日間


実は今回の旅行で使った地図を既に引越しのためトランクにつめてオークランドの方へ送ってしまいました…。なので今回は手元にある日本のガイドブックの地図を見ながら記事を書いています。なのでちょっと総計距離が本当に正確かどうかの自信がありません…面目ない。

さて、まず初めに言っておきたいのですが


今回の自転車旅行、完走はできませんでした。

詳しい理由の方は後ほど書きますが、一部バスを使って移動した部分があります。(帰りのBluffからChristchurchとは別にです)
最後の自転車旅行だったので、ちょっとこれはしこりを残す形になってしまいました…無念。


ではとにかく前の記事のように一日目から順に今回の旅路を振り返ってみようかと思います。
ちょっと今回書くことが多いので、前回のものよりも簡素になるかと思いますがご勘弁をーぅ!


1日目 Christchurch~Ashburton 83kmbika2.jpg


ちなみに今回は前回自分が使った自転車旅行のガイドブックとは違うルートをたどっている為高低図はありません。
今回私がたどったルートはクライストチャーチからブラフまでを最短距離で結んでいる国道一号線です。最初から最後までずっと国道一号線をひたすら走り続けるという形になりました。

ええ、前の記事でも触れたんですが交通量がとても多いため、自転車旅行にはかなり不向きなルート…でも時間と寄りたい街の関係でここしかルートがなかったんだぜぃ…。


さてクライストチャーチを出発したのは12月の22日。ホントはもう2日ほど早く出るつもりだったんですが、次に行く旅行の予約やら天候に恵まれなかったりでいきなりの遅れ。
幸先悪い悪い(´д`;)
この日も天気はお世辞にも良いとは言えず、小雨が降っているような中での出発でした。

上で紹介した大聖堂の写真を撮ったあとは方位磁石だけを見ながら適当に南西に前進。相変わらず大都市の周りではすぐに国道一号線に乗ることはできないのです。


bika3.jpg


市内のうねうねした道を走ること1時間ちょい、ようやく国道一号線と合流。なんかこの写真見る限りでは天気よさげに見えるかもしれませんが、NZの天気は雲と風次第…ほんとにちょこちょこと変わります(´д`)

bika4.jpg


走ってる途中でこんな生き物に遭遇!ラマという動物らしいです。北島では見なかったなぁ…

なんにしても


(゜д゜) こっちみんな



初日から風は結構強く、しばらく自転車旅行を休んでいたこともあり、「今日は初日だから体力を抑えていこう」なーんてことはまったくできず、初っ端から体をすり減らすような道程に…。


bika5.jpg


それでも夜の7時ごろには無事アッシュバートンに到着。(この日の出発は午後の一時ごろだったので到着も遅めとなりました)全然明るいように見えるかもしれませんが、夏季に入ったNZではこんなものです。完全な日没は…9時前後だと思います。

この日アッシュバートンでは目星をつけていたバックパッカーズホステルが見当たらずしょうがないのでモーテルに。
一泊60ドル…タカイヨタカイヨー(;つд`)


2日目 Ashburton~Timaru 73km

bika7.jpg

旅行2日目、早くも足に疲れが、重い重いよ!
この日も風が強く、あんまり自転車のタイヤを変えた効果も感じられないままでしたが、天気は悪くなく、曇りの時間もかなりありましたが、それと同じくらい晴れたそれが拝めた時間も。

bika8.jpg

bika9.jpg

地形的はほとんど坂がなくまったいらだったのが救いでしょうか。
途中で以前違う旅行で行ったランギタタ川、NZの特産品の一つである蜂蜜の原料と思われるお花畑なんかも拝めました。
満ちの両サイドいっぱいに黄色、白等の花畑が一面と広まっているのは、あまり花好きではないおいらにとってもグッとくるものがありました。

bika10.jpg


その日も何とか無事目的地へ到着。

bika11.jpg


ここティマルの街はあまり自分のもっているガイドブックでも大きくは紹介されておらずあんまり期待はしていなかったんですが、

とにかく海が綺麗!

街に入ったときは曇っていたため写真はとらなかったんですが、遠めで見たら本当に水が水色。水性絵の具の「水色」をそのまま塗りたくったような色をしていて驚きました。

ちなみにこの街ではクリスマスの日から十日間「キャロライン ベイ カーニバル」という大きなお祭りが行われており、自分が来たときには丁度その準備期間。街は綺麗に飾り付けられていました。


3日目 Timaru~Oamaru 77km

bika12.jpg


この日もお花畑イパーイ!!
bika14.jpg


道中特にその他に目に付く風景はなかったのですが、この日一つ大きく違ったのは風。
ほぼ完全な無風といってよく、少し雲はありましたがほんとに漕ぐのが快適!(゜∀゜)
こうなると走るのがホントに喜びとして感じられます、スイスイ走る走る。

ティマルを10時ごろに出てオマルについたのは3時頃、休憩を抜かせば約4時間30分ほどでこれたことに。
時速に換算すると約18キロ!

うぉぉ、ここまで順調だった一日は全自転車旅行合わせてはじめてだったかもしれませぬ。この日初めて交換したタイヤの効力を感じることができました。

bika16.jpg

そんな感じで早々に到着!!


bika17.jpg

bika15.jpg


オマルの町並みはこんな感じです。オマルで有名なのが「オマルストーン」と呼ばれる良質の石灰岩。ウェリントンのカスタムハウスやダニーデンのファースト教会(下参照)等NZの歴史的な建物にはかなりの割合でこの石が使われているそうです。

その原産地、ということで街中の建物が軒並み歴史的。クライストチャーチも比較的歴史的な建物が残っているほうなのですが、ここオマルには負けると思います。ちょっと小さな路地に入ればほんとに入植時代の風景を思い出せるかのような町並みが顔を覗かせます。
街の中には馬車も走っており雰囲気たっぷりですね(´∀`)b

bika18.jpg

ちなみに海にも面しているので、潮の香りが強い強い。


4~6日目 Oamaru~Dunedin 113km
bika19.jpg


オマルを出発したこの日はクリスマス~~!

なぁんてものは私には関係がなくただいつものように漕ぎ続ける(;つд`)w

ふんだ、寂しくなんかないやい!


そんな寂しさよりも問題だったのはクリスマスがNZにとってとってもトラディショナルな休日だということ。
この日はなんとほぼ全てのお店が閉まってしまうんです。鉄道、バスなんかの交通機関も含めてです。

空いてるのは宿屋と、キリスト教に関係がないアジア系のレストランくらいで朝、オマルの街の中は本当に閑散としていました。

更にこの日の道程は今回のコースの中で最大の難所。

距離が長いことも勿論なのですが、その原因は坂。この日の目的地であるダニーデンは起伏の激しい山々に囲まれた盆地ということで有名な町で、街の手前20キロほどから急激な坂に…。

坂込みで113キロはなかなかヘヴィだぜ…。

bika20.jpg


しかし、この日も風はなく。平地だった序盤~中盤は比較的すいすいと。普段なら風におびえながら進む海岸線沿いも難なく通り抜けられました。

bika23.jpg


問題だったのはやはり坂道に入ってから…、残り20キロを切った辺りで、こんな看板が。これだけではちょっとわからないかと思いますが、これは自分が走っていた国道一号線とは別に自転車用のコースがあらわれたというものです。
確かにダニーデンという大きな町の近くですが、まだ国道一号線への自転車進入禁止標識は見えなかったので、単純に別の自転車用のコースということでしょう。

ここで別の道があるとは思っていなかったので、少々悩む。
でもわざわざ、山の手前でこういった分かれ道があるということは傾斜も車も少ない走りやすい道なんだろう、と解釈し予定を変更。こちらのルートを進むことにしました。






んで30分後…。


bika24.jpg


そんなに人生甘くなかった(^ω^;)

ちょっと分かりにくいかもしれませんが延々続く坂。

楽な道なんてどこにもありはしないのね…。



更に霧は出てくるは、私的トラブルの電話はかかってくるは、十年ぶりくらいに犬のウンコ踏むはでかなりショボーンなクリスマス…(;つд`)



それでもそれでも、漕ぎ続け、というか坂道だったので歩き続け…



bika25.jpg


遂に尾根を越えた!と同時に一気に視界に入ってくるダニーデンの街。

残りは下り坂のみ!!

最後の数キロは瞬く間に走りぬけ、ダニーデン到着!!


あ、国道一号線から外れてしまったため、緑の看板写真はとれませんでした・・・。

その日はもうクタクタだったので速攻で宿に入り布団にダーイブ。


翌日、当初から決めていたのですがこの日は一日お休み。観光のみです。

4日連続で漕ぎ続け足がパンパンだったので、流石にここは休ませてもらいました。

ここ、ダニーデンの街ですが、スコットランド人の移民たちによって起こされた街で、街内にはオマルよりも更に多くの歴史的な建造物がいっぱいあります。そしてそのどれもがスコットランド風の建築物。
なんといいますか非常に「ファンタジー」な建物です。

bika26.jpg

bika27.jpg

bika28.jpg

bika29.jpg

上からファースト教会、ダニーデン駅舎、セントポール大聖堂、市議会議事堂です。(大聖堂、市議会議事堂は7日目の朝、天気が良かったので撮り直したものです)

街はオクタゴンとよばれる八角形の広場を中心にして広がっており、その起伏にとんだ地形のこともあり、非常に探索するには面白い町だと思います。

疲れたあたいのあしにゃすこぶる厳しいけどね(゜д゜)!w




bika30.jpg

一通り市内中心部を見終わった後に行ったのはこのボルドウィンストリート。
上の写真にも載っているように、実はこの坂世界で最も傾斜の高い坂だそうです。ギネスブックにものっているとか。

bika31.jpg

bika32.jpg


坂の全景はこんな感じ。
まぁ・・・見た目は普通の坂ですよね。

ただこの坂、何かと話を聞く機会が多くて。
自分と親しかった友人が悉くここを訪れていたり、自分が使っていた自転車旅行本にも「自転車のりの悪夢」という名前で載ってたりしたんです。

ダニーデンに来た際には是非昇ってみようと思っていました。

最初

( `・ω・´)ooO(この坂を自転車で上ったらちょっとすごくね?)


なんて調子付いたことを考えていましたが、無理、これは無理!(笑)

一応チャレンジしてみましたが、坂の中ほどの辺り、傾斜が急に高くなる部分のとこでアウト(´∀`;)

その後は普通に歩いて上りました。
bika33.jpg


上から見るとこんな感じ。
ホントにスキーのゲレンデに立っているかのようじゃ…。


こんな感じでこの日の探索は終了。


ホントはこの次の日ダニーデンを離れるつもりだったんですが、雨のためもう一日滞在。この日は特に何もなく、のんびりでした。


7日目 Dunedin~Balclutha 72km

bika35.jpg


2日間もゆっくり休むことができたのでこの日の体調は良好!

bika36.jpg

天気も良く、清々しい気持ちでダニーデンの街にさようなら。
前にも言ったとおり山と海に囲まれた地形ゆえ、街を出て国道一号線に入るまで少し迷いもしましたがその後はすこぶる快調。

bika37.jpg


町外れの海辺で撮影。風は少々ありましたが、こうやってカラっと晴れた空がやはり一番NZらしい、綺麗です。


bika38.jpg


その後は内陸に入ってしまったため、あまりよい景色もなく、写真全然とってませんでした・・・(´-ω-`;) すみません。

で、無事今回の目的地バルクルーサに到着したのですが。

今回の旅行最大のトラブルがこの後起こりました…。

上の写真を撮って、さぁ、街の中心部へ行こうと走り出したところ。


突然「プッシュウー」と今までに聞いたことのないような音が。

それと同時に途端に自転車がガタガタと揺れ始め、慌てて路肩に止めました。

ええ、自転車には付き物のトラブル…パンクです(;つд`)

bika40.jpg


しかしパンクしたといってももう街の中。これならすぐに修理もできるだろうと思い、その後は自転車を押しながら近くの宿屋へ。
街に着いたころは既に6時近かったので、修理は明日にしようと思いました。NZでは大抵の店は6時にスパっと閉まってしまいますので(´・ω・`)


8日目 Balclutha~Invercargill 158km

宿屋の人に予め自転車屋の場所を聞いていたので、この日は朝一で修理を頼みに行きました。

しかし、教えてもらったお店は自転車屋…というよりも普通のスポーツショップ。
スポーツグッズが並ぶ店内の一角に自転車も置いてある、という感じでした。


早速修理を頼んだんですが、ここで予期していなかったトラブルが。

なんでもタイヤに2センチ程の大きな切り傷が入っていて、これは交換しないといけないと、そして更に自分の自転車のサイズのタイヤは今置いていない、と!




さて、これは困った。街でパンクが直せないことは想定していなかったです…(;`・ω・´)



暫く考えましたが、ここはバスを使うことにしました。


さっそくインフォメーションセンターに行き当日のバスを予約。

Invercargillまでのチケットをもらってきました。
このインバーギルという街は本来なら9日目に到着する街で、本当ならこの手前にある今日本来の目的地Goraという街まででよかったのですが、街の規模がわからなかった、そして6日目の雨での一日の遅れにより時間が少し切羽詰っていたので、2日分の距離をバスで移動することに決めました。

bika45.jpg


この部分は正直自分の甘えだと思っています。
今回一番の反省点はここでしょうか…行こうと思えばもう一日分はなんとか走れたわけですし。


バスは夕方に来て、バルクルーサ~インバーカーギル間を2時間で走りました。
自分が2日かけて渡るところを2時間…やっぱ文明の力ってすごいですね(;つд`)
当たり前ですけどさ。



インバーカーギルに着いたころは既に夜でしたのですぐに宿を取って休みました。
因みにこのトカゲ君はバス停兼博物館兼インフォメーションセンターにあるオブジェクト。なんでもこのトカゲ、インバーカーギルのシンボルだそうです。


bika41.jpg



9日目 Invercargill~Bluff 28km x2bika45.jpg



この日は一応、旅の最終日。10日目は朝一でバスに乗ってクライストチャーチまで帰るだけなので。
すぐさま自転車屋に向かい、修理を頼む。
流石に大きい街だけあってか、タイヤはばっちりありました^-^b
しかも修理はすぐに終わり、ちょっと心配だった料金も30ドルとお安い!

とうとうパンクの泥沼から脱出することができました!

そうして早速、最後の目的地、NZ本土最南端の街Bluffへ出発。

道程は片道28キロ、バスに乗るため同じ道を戻ってこなくてはいけませんがそれでも合計距離60キロ以下。今までに比べたらかなり優しい道程です。



bika42.jpg


風もあまりなく、天気も良好!
釣り針のように曲がった半島に添うような形で最後の国道一号線を走ってゆきます。
bika43.jpg

そのため、海を挟んだ向こう側にBluffが見えるような形です。
2時間もしないうちに・・・

bika44.jpg

遂に最後の街Bluffに到着!!!

といってもまだここで終わりなわけではありません。この街の本当の最南端に「スターリンポイント」という国道一号線の終わりがあるのです。

そこに立っている少し変わった看板があるのですが、実はこれを見るのが今回の旅で重要なポイントだったりします。

港とちょっとした商店街があるだけの小さなブラフの街を抜け、そのまま更に南下…。
bika46.jpg


スターリンポイント到着!!!

ついに国道一号線の終わり、本土の事実上の最南端。

確かにただちょっと変わった看板があるだけで他には何もないんですが、今までずっと走ってきた道の終わり。
そしてこの先にあるのは、点在する島をのぞけば南極大陸。

なんとも世界の端まできたようでなんとも感慨深いです。


ちなみになんで仮面ライダーなのかはあんまり気にしないでください(´∀`)rw

bika47.jpg

右から。
bika48.jpg

左から。ちゃんと東京ものってますね。


bika49.jpg


旅の終わり。
















で、その後ちょっと感傷に浸りながらインバーカーギルへの道を走っていたんですが、途中ちょっとした段差を降りたときに…


プッシュゥゥゥ

bika50.jpg



ここでまたパンクですか(゜д゜)


うぎゃー、最後の最後まで締まらない!w
因みにまだ街までは20キロ以上ある…



どうする?どうする?




押して歩ききるべきか、ブラフに戻ってバスを捕まえるか迷ったんですがちょっとヤケになってそのまま前進してみたら…


意外と進める


ちょっと信じ難いかもしれませんが、揺れはそりゃあもう凄くなるものの、風がないせいかそこまでスピードは落ちない…。

どうせ今日インバーカーギルまで帰ったらその後はしばらく乗らないしな、と思いパンクしたまま乗り続けました。


なんとか無事たどり着けたんですが、タイヤやチューブだけでなくホイールの表面まで傷だらけになっちゃいました・・・。ケツもいたいしね(´-ω-`;)

よい子はまねしちゃダメっすよ。



10日目 Bluff~Christchurch 604km

この日はただバスにのって帰るだけ、今まで走ってきた国道一号線を、おさらいでもするようにすいすい走り、11時間ほどでクライストチャーチに。



こうして今回の自転車旅行も、完遂…とは言えませんが無事終わらせることができました。



さて、できればちょっと旅の感想なんかをまとめたかったんですが・・・今もうこの記事を書き始めて5時間以上…(;つд`)
写真も詰め込みすぎて重くなってしまってることですし、ちょっと分けて書かせていただきます。
それでは今日はここいらで!

Comment

Demi says... ""
本当にお疲れ様!感動的だったが仮面ライダーはどうかと。
今回は晴れてきれいな写真が多いねぇ。建物もファンタジーぽいのが多いみたいだし、ほんと行ってみたいわぁ。
なんだかんだで@1ヶ月もすればハウちも帰国かぁ・・短いようで早かったね?
2007.01.06 01:34 | URL | #tHX44QXM [edit]
Hound says... ""
>デミ様
いっつもレスありがとございます!

し、新生ライダー一号はお嫌いですか!?(゜д゜;)

ごめんなさい!



うーん、でも実は今回の旅行は前回よりも天気に恵まれなかったです。なんでも20年ぶりの冷夏だとか…。
晴れた日の写真を選んで載せたとです。


ダニーデンやオマルは確かに趣ありかもしれません、でも姉貴は「イギリスに比べたら全然」っていってました…(´・ω・`) ショボーン


もう@一月ちょいですね…。なんか嬉しいような、悲しいような複雑な気分。なんか焦燥感に駆られますぜ、勉強しないと(´д`;)


2007.01.07 07:31 | URL | #- [edit]
Ag says... ""
仮面ライダー氏へ

靴が抜けた@はパンク…(涙)

次は何が壊れるんだか…w

そりゃーラマにも見つめられるw

景色いいねぇ。ホントに何処か海外に行きたくなってきたよ。

そろそろ帰ってくるんだね!wktkしながら待ってるよw

ハウチはこの留学でいろいろ吸収できたんだろうね^^

オレも変化がほしいな…w(なら外出ろ!w

残りの時間楽しく過ごせればいいですな!

もちろん勉強もしっかりね!(笑)

楽しい記事また待ってます^^
2007.01.09 00:51 | URL | #- [edit]
猟犬ライダー says... ""
>ag様

レスありがとございますだ。
今友人と旅行しながらクィーンズタウンに滞在しているところです。人気の観光地だけあって日本人いっぱいいますよ、、、

そういえば色々壊したり無くしたりしてるな、、、体は壊れないといいなぁ、、、(汗)


もう@一月とちょいですね、勉強しないと、しないと!!

こっちからFFの日記見てる限りではアグサンも変わってきてるようにみえますよ、やっぱ1ジョブ極めたのは大きいかと^-^b

それではそちらもお元気で!
2007.01.10 18:07 | URL | #- [edit]
ぜふぃ says... ""
NZではラマも放牧されてんだねぇ。
たしか 南米の高山地域原産だったような気がする。
毛でも使うのかな?
それはさておき・・・・
パンクしたまま20キロ走っただぁ!?w
そんなのタイヤもチューブもホイールもオシャカじゃねぇかw
あと 後輪軸受のベアリングもやばいかもねぇ・・・

まぁ とにかく無事旅も終わって元気そうでなにより(゜▽゜)

帰ってきて また元気なワンコを見られるのを楽しみにしてるよー

NZ生活も残りわずかだけど。気を抜かないように(´・ω・`)b


p.s. バニシングトルーパー・・・アルトアイゼンからゲスペンストに乗り換えた?w
2007.01.11 04:18 | URL | #- [edit]
猟犬 says... ""
>ぜふぃやん
おぉ、お懐かしゅうございますだ。
ラマ、、、の肉は見かけたことないなぁ、やっぱり毛皮目的でしょうか。

自転車はクライストチャーチに帰った後即効で修理しに持っていったんですが、タイヤとチューブの交換だけですんだよ^-^r

でもホイールの表面(?)がボッコボコで、、、実は今の旅行に出る前に結局自転車は売ってきてしまったんだけど、そこを指摘されて170ドルでしか売れなかた(-_-;)



ありがとう、そちらも健康には気をつけて!!
後一ヶ月とちょいまたヴァナで会えるのを楽しみにしてまっせ!


ps スネェェェェック!!バニシングトルーパーなのはゲシュペンストじゃなくてヒュッケバイン(mk-1)だ!
2007.01.11 13:14 | URL | #- [edit]
Owl freelance says... ""
拝啓 ワンコ隊長様 m(__)m

今、日本では犬インフルエンザが流行ってるので
帰国時、入国禁止に【気を付けて下さい】
(ΦωΦ)r ♪

 おいィ?人んちのPCで
  勝手に何やってんだ?? > ヾ(゜д゜#)!Σ ←【弾】さん


2007.01.26 12:05 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>バレさんちにいるフクロウ様

HOOT!HOOT!

おひさしぶりでありんす!相変わらず楽しそうですなコンティクショウ( ~ω~)ノ

ちくしょー、今度鳥インフルエンザうつしてやるっ( つд<)

あれ、フクロウには取インフルエンザ関係ない。。。?


2007.01.28 12:46 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hound.blog33.fc2.com/tb.php/37-b304b56a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。