猟犬だもの。

このサイトはネットゲームのプレイ日記をメインとしている、と見せかけて案外他のことも書いてあるよく分からないブログです。
Posted by Hound   4 comments   0 trackback

自転車 旅行 その④

こんにつは、猟犬です。

ほげーっとしている間にもう2006年も終わりに近づいてきましたね・・・。
こういうビックな行事の前にんなって一年間を振り返ると・・・なんか言いようのない焦燥感にかられますよね(苦笑)

そうそう、やっとこさクライストチャーチでの語学学校卒業しました。
結局いたのは2ヶ月と少しくらいでしたね、オークランドの学校を比べると随分と短いですが、それでも色々勉強させてもらいました。先生方、クラスメイトの皆さんに感謝。


そうそう、それでまた暫くまとまった時間がとれたので、明後日くらいからもういっちょ自転車旅行に行ってみようかと考えております。今度の目的地はNZ本島最南端にあるBLUFFという小さな町。

まぁ、詳しくはまた旅行が終わってから旅日記形式で書いていきたいとおもっとります…(´-ω-`;) 今度は旅行から帰ってきたらなるべく間をおかずにかくですよ、ハイ。

あ、それでそれで、今回のその旅行のためにちょっくら自転車をカスタムしました!

カスタムといってもタイヤを変えただけなんですけどね。
前回の記事でも話に出ましたが、自転車でそれなりのスピードを出すためには路面の状態が大事です。つまりは地面とタイヤとの摩擦が重要なわけで、タイヤが細ければあんまり影響受けにくくペダルが多少なりとも軽くなるってことっす。
まぁその分バランスが悪くなるのは否めませんが…。
CIMG0833.jpg

bike1.jpg


上の写真がタイヤ交換後、下の写真が交換前です。
ちょっと分かりにくいですよね・・・。正直前のタイヤの方が見かけは良かった気もしますし。
でもかなり走りやすくなりましたね、とくにトップスピードがかなりあがった気がします。

これで少しは旅路が楽になるといいなぁ・・・。


多分日程は全部で8日前後、大晦日前には帰ってこられると思います。

そして、この旅行に行く前に前の自転車旅行記事、しっかりおわらせておかんと…(´-ω-`;)

と、いうわけで続きは「続きを読む」以降で!今回でオークランド~クライストチャーチ編は完結っす。

~12日目~
PICTON~WAIPAPA BAY 127km

CIMG0824.jpg

CIMG0825.jpg

bike72.jpg

bike73.jpg


この日の高低図と地図です。
む、随分傾いてしまっている…見難くて面目ない。
本来、私が参考にしてきた本では朝方の便でピクトンに渡り、その日の午後にSeddonという、50キロほど離れた街までたどり着く、という順序だったんですが、私の場合乗ってきたフェリーが午後の便だったためこの日はその次の日のコースの半ば辺りまで走ることになりました。
この日のコースが今回の旅行でもっとも長かったコースです。

ピクトンに渡った翌日の早朝宿を出発。
前日、前々日は観光しかしていなかったので足の状態はこの時ほとんどベストといってもよかったと思います。
やっぱ体力って一晩だけじゃ回復しないものなんですね・・・、走り始めた時ホントに足が軽く感じました。

コースは国道一号線でしたが、ピクトンがあまり大きな町でないせいか、交通量はかなり少なく走りやすく、足の状態もあって最初の3~40キロは時速18キロ以上の速度で進めました。

Sedodonを越えた辺りでついに視界に海が!

bike76.jpg

でも天候はかなり悪かったですね・・・。
美しくなひ・・(´д`)w



やはりこの辺りから徐々に風もつよくなってきました、加えて体力の消耗も大きい。でもこの時はそんなに問題とは思ってなかったんです。
なぜならば、最初この日は90キロ地点にあるKekerenguという小さな町で休むつもりだったんです。
bike77.jpg


で、無事そこについたのですが…これは街とはとても呼べない…。道路沿いに3軒ほど家が並んでいるだけ。そして、そのうちの一つがガイドブックに載っていた宿だったんですが…問題が料金。
何でか知りませんが一泊230ドル!!

一桁違うでしょ!(゜д゜;)

確かにこの宿屋は今まで自分が泊まってきたバクバッカーズホステルやキャンプサイトとは違い、B&Bというある程度の食事がついているちょっと高級チックなタイプなのですが、それでも230ドルは高すぎるー。そんなに高級チックにもみえませんしね(´∀`;)w

宿の料金確認しておけばよかったなー、とちょっと後悔しつつ諦めて次の街に行くことに決定。

ガイドブックによれば・・・20キロほど先に小さなキャンプサイトがあるとか。疲労はピークに近かったんですが、他に選択はないので頑張って走ることに。

もう時刻は既に7時をまわっており段々薄暗く…。
今現在ではこちらは夏季なので9時くらいまで明るいのですが、この時点ではまだ冬季だったので、暗くなるのは結構はやかったのです。


bike78.jpg


NZでは国道一号線でも街灯の無い場所なんてそこらじゅうにあります。一応ライトは持っていましたが、別に暗闇を走ること自体が問題だったわけじゃありません。怖かったのは他の車を認識できないこと。
多少交通量は少ないとはいえ、国道一号線。スピードが出せるということあって、結構荒っぽい運転してる人もいます。
自分で迫ってくる車を認識できれば対処の方法もありますが、夜になってしまえば運転手が自分を確認して避けてくれるかどうか、と完全にドライバー頼り。一応反射板はつけていましたが、これは危ない。

太陽よ、もう少し持ちこたえてくれーい、と心の中で思いながらそのまま前進。キャンプサイトのあるWaipapa beachについたころは8時を廻っていました。

で、やっとこさついたと思ったらまたここで一つ問題が!

通常キャンプサイトというのは、主にキャンピングカーを駐車したり、テントを張るスペースを張るだけの場所なのですが、大抵はその他にロッジとよばれる小さな小屋をもっていて、自分は通常その小屋を借りて休んでいました。
でも、ここのキャンプサイトにはロッジがないと!

次の宿があるのはKaikoura。まだ30キロ以上あります、これは困った…もう野宿しかないかなー…と半ば諦めていたんですが、なんとここのオーナーが彼のキャンピングカーを宿として貸してくれることに!


この時は、もう「地獄に仏」という形容がぴったり当てはまるような気分でしたね。オーナーにお礼を連発していたような気がします。

その後、シャワーのお湯がでない、カップ麺作ろうと思ったらお湯が無い、仕方が無いので缶詰食べようとしたら缶切りがない等等細々したトラブルもありましたが、それでも屋根の下で寝られるならばOKOK!
その日も早々に床につきました。


~13、14日目~
WAIPAPA BEACH~KAIKOURA 31km


bike79.jpg

bike80.jpg


この日の行程の地図です、高低図は先日のものとかぶります。

この日は前日とは違い、朝から足が重い重い。やっぱり前日に120キロ以上走ったので、かなり疲れが残っている感じでした。

bike81.jpg

ちょっと暗くて分かりにくいかもしれませんが、写真の中央辺りを走る少し固まったような一筋の雲が見えますでしょうか。

写真ではたんなる横に広がった雲、にしか見えないかもしれませんが、実際はこの一続きの雲が一直線にどこまでも続いていました。
こういう雲はなんていう名前なのかはちょっとわからないのですが、これは圧巻でした。
なんていうか、メリファト高地で初めてドロなんとかの背骨を見たような気分でしたね。雲が低く見えるNZ独自のものなんだろうか…?

そんなちょっと不思議な風景を眺めながら、暫く走っているとこんな看板が。
bike83.jpg


オットセイ(sea seal)注意、の看板ですね。
このKaikouraの周辺には非常に沢山のオットセイがいるらしいのです。
私は最初は、多いと言っても季節や、潮の満ち引きが関係しているみたいだし、そんなにすんなりは見れるもんじゃないだろー、と思ってたんですが
bike84.jpg


いやがったっ!!

Kaikouraの手前15キロ辺りだったでしょうか、突然浜辺の辺りにゴロゴロと。一匹や二匹なんてレベルではなく、数キロに渡り何十匹と横たわっていました。

しかも自転車で横を通ってもふてぶてしいくらいにノーリアクション(゜д゜;)w

今まで羊や牛なんかの家畜はもう飽きるほど見てきたんですが、みんな決まって自分が横を通ると逃げ出したり、警戒しながらチラチラ見てきたりするんですが、こいつらはホントにノーリアクション。せめてこっちくらい見なさい!(笑)

そんなオットセイの群れもKaikouraが間近になると姿を消しました。でもガイドブックによればカイコウラにまた別のオットセイ観察用のポイントがあるとか。

そんなこんなで無事Kaikoura到着!

bike87.jpg


この時、時間はまだ12時頃。このまま先に進むと言う選択もあしだったんですが、Kaikouraは南等でも結構有名な観光スポット。
ピクトンではほとんど、観光らしいことをしていなかったので、この日はここまでとして少しのんびりしていくことにしました。

bike88.jpg

bike89.jpg

bike90.jpg

bike91.jpg


カイコウラから見える景色はこんな感じです。山と海に挟まれた地形なため、どこにいても自然が目に入ります。特に街の背面にそびえるSeaward Kaikoura Rangeは美しいの一言。

カイコウラはこれまた小さい街なので単に見て廻るだけなら、2~3時間で十分な感じです。軽く散策を楽しんだ後は宿を取って早めに就寝。



で、その翌日なんですが、
清々しいくらいの土砂降り(´∀`;)
仕方が無いので、この日は特に何もせずカイコウラに滞在。写真もありませーぬ。




~15日目~
KAIKOURA~CHEVIOT 72km


CIMG0826.jpg

bike92.jpg


この日の高低図と地図はこんな感じです。
とうとうクライストチャーチも近づいてきて、心理的にもかなり楽になりました。

bike93.jpg


天気も良く、いままで通り海沿いの道をすいすいと。
やっぱ海沿いでも午前中は風がすくないような気がします、いっつも1時越えた辺りからがきつくなるんですよね・・・。
まぁ、疲労のせいでそう感じるだけかもしれませんが。


bike94.jpg


ちょっとアップダウンの激しい部分もありましたが、その頃にはもう海沿いの道を離れて内陸に入っていたので風もなく、またこの日は距離自体そう長いものでなかったので特にひどいトラブルもなくCheviotに到着!

bike95.jpg


トラブルがあったのはCheviotに入ってからでした(´∀`;)
街に入った後、早速宿を探しにいったんですが、予め調べておいた宿に行くとなんとこの時開かれていたバイクの大会のせいで空いている部屋が無いとか!!

あっちゃー、これまた宿でトラブルだなぁ・・・と思っていたらオーナーが自分のテントを貸してくれました。
うん、Waipapa beachの時と全く同じ展開ですね(ノ∀`)
もう後半は全然宿の予約していなかったからなぁ、自業自得です。でもこんなトラブルも結構楽しかったりします。

その後オーナーに手伝ってもらってテント完成!
bike96.jpg


思っていたよりもしっかりとしたテント、一人で寝るなら広さも十分っすね。
テント自体よりも問題だったのは、ロケーション。写真では写っていませんが、このすぐ後ろが農場なんです。
牛、羊のてんこ盛りです(´∀`;)
一見静かに見える、牛や羊ですが、結構頻繁に鳴くもんなんですね、そして臭いが・・・臭いが・・・!(笑)


それでも子一時間もすると慣れてしまい、その日も無事床につけました。ちょっと寒かったですけどね!


~16日目~
Cheviot~Christchurch 113km

遂に、自転車旅行の最終日。
地図と高低図は以下の様に。


CIMG0827.jpg

bike97.jpg

bike98.jpg


少々距離はありましたが、クライストチャーチの周りは非常に平らな地形で自転車旅行者にとってはかなりありがたいところ。
それに最終日なので、明日の疲れを気にする必要もなし!なにより「たどり着ける」という精神的な後押しがあり、この日はいつもなら極力控えていた立ち漕ぎも積極的に使って走っていきました。

道中では全然写真をとらなかった・・・(´∀`;)
天気もあんまりよくなかったので、ご容赦を。

90キロ地点でいつものようにハイウェイからさようなら。
bike99.jpg


もうここまでくればほとんどついたも同然!
道が良くわかんなかったので、方位磁石を頼りにひたすら進む。

この頃には再び膝が痛み出したりもしましたが、もうここまできたら関係ない!そのまま走り続け、その一時間ほど後にはついにこの旅の目的地、クライストチャーチのcity centerに到着することができました!!


bike101.jpg

街のシンボルであるカセドラル(大聖堂)。
走っているときに、ひょっこりと町並みの間からこの教会が顔をのぞかせた時はなんとも嬉しかったです。
にしてもこの写真アングルが悪いな…。
今度取り直さねば。


ともあれ、こうして無事オークランドからクライストチャーチまで、計1030キロの道程を完走することができました。

この旅を終わって、色々自分でも感じるところがあるのですが…その辺りは次の旅行が終わってから、そちらの感想と合わせて書いてしまおうと思います、ごめんなさい!

記事を読んでくださった方、応援してくださった方本当に有り難うございます。


~おまけ~
bike102.jpg


旅行直後に撮った、おいらの手。
ちょっと気持ち悪いくらいくっきりはっきり日焼けの後が(笑)
グローブ、とリストバンドの後です、そして左手は同じようにグローブ、腕時計の跡がのこってます(´∀`)

ちなみに2ヶ月以上たった現在でも薄く残っています。せっかく薄くなってきたのに…また旅行に行ったらくっきり焼けるんだろうなぁ…。



それではまた旅行後に!

Comment

せm says... ""
これほどまでに見事なポッキー焼けは見た事がないお!
はう助ががんばって走り回ってた事がよーく分かるだね。

大聖堂綺麗だね、一瞬CGかと思った。
違うアングルの写真期待してるんでぜひよろしく。
今年の日本は暖冬ですよ。
2006.12.19 20:56 | URL | #- [edit]
Demi says... ""
白い部分は昔のままの色だw
にしてもだいぶ焼けたようですな!健康優良児になれて
お姉さんうれしいわ。戻ってきてから会うのが楽しみだ。

今回の写真は珍しく晴れてるねぇ。山々が美しいよ!

(暖冬といっても十分寒いです。
2006.12.21 01:43 | URL | #tHX44QXM [edit]
こぱん says... ""
あけましておめでとうございます!
アクセス解析みると「ニュージーランド」があるので、ハウさんが見てくれてることはわかってますw私もいつも見てますよ^^
いつ帰国でしたっけ・・インできるようになったら、またよろしくおねがいします^^
2007.01.01 12:27 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>セムティーン
明けましておめでとございますだ!
返信遅れまくってすみませんっす、31日にやっとこさ旅行から帰ってきたとです。

こういう焼け方はポッキー焼けっていうんですね・・・。
大聖堂はこの間違うアングルで撮ってきたのでのせるっすよ!
なんか一部補修工事している部分が写ってますけどねん(´∀`;)


>デミサマー
明けましておめっとさんでありんす!
オフ会の方はいかがでしたか(゜∀゜)?

うん、焼けたには焼けたんですけどね…自分日焼けが治るのも猛烈に早いですからな・・・特に顔。
現状をキープするためにちょくちょく意味もなく外出したりしています、まぁなんて涙ぐましい努力!!(;つд`)w

もう何だかんだで帰国がせまってきましたね・・・お会いできる日をたのしみにしておりまする!

>コパンサーン
明けましておめでとうございます。
お久しぶりです、ア、アクセス解析!!そんな便利な機能が…!
こいつはとんだオーバーテクノロジーだぜっ!(意味不明

ブログの方見てくれて有り難うございます、さて、そろそろ更新します(´-ω-`;) します、しますよ・・・ハワワワワワ。

日本には2月の下旬に帰国、ヴァナへの復帰は3月頃になるかと思います。それではまた!
2007.01.03 19:48 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hound.blog33.fc2.com/tb.php/36-284b3fd6