猟犬だもの。

このサイトはネットゲームのプレイ日記をメインとしている、と見せかけて案外他のことも書いてあるよく分からないブログです。
Posted by Hound   5 comments   0 trackback

自転車旅行 その2

こんにちは、猟犬です。
新しいフラットでもネットが開通したので自転車旅行のその②を。
本当は先週の末ぐらいから繋がってはいたんですけどね!(冷汗


ちょっと本題にうつる前にこちらの近況等を。

その① 新しいフラットについて。


相変わらず都心に近いところに住んでいるので、通学、買い物、いずれもとても便利っす。
とはいってもオークランドと比べてしまうと幾分か田舎テイストが多いため、あまり都心に住んでいるという自覚はありません。
家賃は週140ドルで電気水道込み。都心というロケーションを考えれば高くはないですが、決して安くもないですな…。
静かでいいところではあるんですが不満が一つ!

インターネットのダウンロード容量に制限があります(゜д゜)

週に~MBまで、とダウンロードしていい容量が決まっているため基本的に音楽聴いたり、動画を見たりということはできません…。


おぉぉぅ!FFとかPSUの動画をYoutubeで眺めるのが密かな楽しみだったのに!


ゲーム禁している男のささやかな幸せを奪うんでねぇ!(;つд`)



一月の終わりには友人に会うためにオークランドに戻るので、それまでは我慢するしかないようです・・・(´・ω・`)



その② 学校について

以前にもちょっと書きましたが、現在はオークランドで通っていた語学学校とは別の系列の学校に通っています。ですので以前の学校のクラスレベルを引き継ぐことはできず、入学前にまたプレテスト(学力診断テスト)をうけなければならないのですが


ぶっちゃけ前よりもクラス落ちました(゜д゜)!

前回の学校ではUpper Intermediate 1 のクラスにいたんですが今の学校ではIntermediate 2に…。
わたすの学力下がってるんですかセンセー(;つд`)!
まぁ前の学校とはレベルの段階の数がちょっと異なるんでその辺のせいか・・・と言い訳できなくもないですが、やっぱ悔しいもんは悔しいですわ。

今回の在学期間では上のクラスに上るにはちょっと時間が短すぎるのもあって(大きなテストは10週間に一度だけ)、それならばちょっと特殊なコースに移ってみようかと思い、現在の一般英語コースから「TOEIC&BUSINESS 英語コース」というちょっとこの学校ではマイナーなコースのプレテストを受けてみたんですよ。

ちょっと前にその結果が返ってきたんですが…

教師「ハウンド君、無事プレテスト受かってるよ、オメデトウ」

猟犬「おぉ!有り難うございます」

教師「このプレテストに受かったのは受験者の中で君を含めて3人だけだったみたいだね」

猟犬「それは素直に嬉しいッス」

教師「でも三人しかいないからコース開けないのよね」

猟犬「えっ・・?」

教師「基本的にコースは8人以上の人数がないと開けないんだよ。だから今回のコースはお流れだね、ウン」


喜ばせておいて突き落とすでねぇ(゜д゜;)!


結局現在も一般英語コースでのんびりやっております。
でも決して現在のレベルがぬるいってことはないです、文句言わずにガンバルヨ。


ハッ、近況っていうかなんか愚痴みたいになってもうた(´∀`;)


なんかこの分だけ見ると踏んだり蹴ったり荷みえてしまうかもしれませんが、学校の雰囲気も湯人たちとの関係もすこぶる良好です。いいとこですよクライストチャーチ。


ちょっと前置きが長くなってしまいましたが「続きを読む」以降は前回の記事の続きとなりもす。

~6日目~

TURANGI~RAETIHI 86km


CIMG0811.jpg

CIMG0820.jpg


この日の道筋、地形はこんな感じです。
走る前までは、
「この地形図はかなり高低差があるように見えるけど後半はほぼ下りだしな…まぁ、五日目の道よりかはましだろう」
くらいに思ってたんですが正直ちょっと甘く見ていました。

多分前半で最大の難所だったと思います(´д`)

その理由は最初の10キロ地点辺りまで続く急勾配な坂。
途中に下りはもちろん平地も一切なく、更に傾斜はかなりのものでここは恐らく9割5分以上歩いて進んだと思います。
気温が高いこともあってか、ここを超える段階で体力の殆どを持ってかれました・・・。

ちなみにあまりに私がヘロヘロ歩いていたせいか、途中でドライバーから「兄ちゃん、乗っけていこうか?」と三回も声をかけられました…。そんなに危うく見えたのかおいら(´・ω・`;)

この誘惑にかなりグラリときたのですが、流石にここは断っておきました。あの時の運ちゃんx3 thank you for your kindness(´人`)

bike22.jpg


坂の途中からトンガリロ国立公園に入ります。このトンガリロ国立公園、以前私が「トンガリロクロッシング」に挑んだときにも入った公園です。といっても超だだっ広い公園なので見覚えがある場所なわけではないですが。

bike23.jpg


bike24.jpg

上の写真はやっとの思いで坂を上りきって撮ったもの。
下の写真の湖はロトアイラ湖だとおもいます。

さーってこっからは下りだー!!楽ちんだー!!

と、自転車にまたがって走り始めたんですが、ここでまた予想外のことが。


尾根を一つ越えたことで急に風が強くなりました、しかも下り坂なので余計に勢いが凄い。更に更に前方にそびえるのはトンガリロ山(前にクロッシングで挑んだ山っす)、ナガウルホエ山、ルアペフ山。どれも2000メートルに迫る、もしくはそれ以上の高山。
そこから来る風が冷たいこと冷たいこと!!

日差しはバリバリに強いってのに指先の感覚がなくなるくらいに寒い。なんとも奇妙な現象に襲われました。

このときに初めて、「ああ自転車って暑さとも寒さとも付き合わなきゃならないスポーツなんだな…」と感じました。


その急勾配な坂は数キロで終わったのですが、その後もアップダウンは続きしかも風は強い・・・!

bike25.jpg

bike26.jpg

bike27.jpg


悠然と聳え立つ山々が恨めしいくらいに思えましたー。
写真はしっかり撮りましたがね(´∀`)w


体力がない+風が強い、というダブル要素で思うように距離が稼げずこの時は本当に言い知れないような行き場のない怒りを覚えました。



ちくしょう!この風か!風が悪いのか!


風か!風の精霊が悪いのか!


20051026_57543.gif


お前のせいか、ギップリャーーーーー!
(ギップル君は風の精霊です)



いや、冗談は差し置いても
もう本当にヘルメット地面に叩きつけて怒号を飛ばすほどでした。



でも、ヤケになって叫ぶ前にちゃんと誰もいないか周りを確認するのが小心者のおいら(´∀`;)(笑)



それでも時間をかけて漕ぎ続ければいけるもんですね、三時前くらいには中間辺りにあるNational parkにつくことができました。

bike28.jpg

bike29.jpg


実はこのナショナルパークという街、以前他の旅行を計画していたときに立ち寄ろうかと思っていた場所なんです。結局その計画はお流れになったんですが、こうしてくることができました。えがったえがった。

でも正直に言わせてもらうとなんにもなーいところです…。
NZでは数少ない電車が通っている場所なのですが


bike30.jpg


これは・・・・旧駅を利用したたんなるレストランでねぇ・・・?
国内に数えるくらいしかない鉄道の駅がこれでいいんだろうか(´・ω・`;)

このナショナルパークで暫く休憩をとった後、再びRaetihiに向かい走り始めました。距離はまだ30キロ以上残っていたんですが、山脈の正面側から抜け出したせいか、風がほとんどなくなりここからは大してストレスなく進むことができました。

bike31.jpg


そして目的地Raetihiに無事到着!しんどかったしんどかった。


~7日目~
RAETHI~WANGANUI 82km


bike32.jpg

CIMG0821.jpg



さてこの日のコースなんですが、実はここの道筋は私が参考にしているガイドブックの道程とは違うものです。
本当ならばRETIHIから国道4号線をはずれPIPIKIRIと言う街に向かい、そこから細道を下ってWANGANUIへというものなのですが、本の説明によれば途中30キロ以上未舗装の部分があるとか…。

自分は自転車がそれなりの速度で走り続けるには4つの要因が必要だと思っています。

一つ目は地形。もちろん登り坂なんかじゃスピードはでません。

二つ目は体力。これもまた当然っす。

三つ目は風。これは6日目にいやというほど分かりました。

それで四つ目が道の状態だと思うのです。

例えば同じアスファルトでも表面が粗いもの、滑らかなもの。この両者の間ではペダルを漕ぐときに足にかかる負荷が結構変わってきます。正直自分もこの旅行を始める前は大して影響はないものだと思っていたんですが、これが予想外に厄介。
あまり整備が行き届いているとはいい難いNZの道路。
アスファルトで舗装はされているものの、表面が粗く結構所々で苦労させられました。

そして今回はそのアスファルトさえないと・・・・!


さすがにそれが30キロ以上はきつい、と思いそのまま国道4号線を走り続けることにしました。細道の方のルートはワンガヌイ周辺に入るとちょっと有名なサイクリングコースに合流するらしく、少し心残りでは在りました。

でもこの選択のせいか、とくに道程で難しい場所はなくスムーズに進めました。地形に平地が多かったのが大きいですね、やっぱり。

ただ天気がいまいちなうえ、とくに良い景色にも出会えなかったので、この日は写真が全然ないとです、ごめんなさい(´∀`;)


bike33.jpg


無事ワンガヌイに到着!!


ワンガヌイはハミルトン以降で通った街の中ではもっとも大きなものです。しっかりとガイドブックにも載ってる観光地です。

bike36.jpg


街の東西を分断する形で流れるファンガヌイ川。ちなみにマオリ方言の関係で川と街のスペリングは同じWANGANUIなのですが発音は「ファンガヌイ」、「ワンガヌイ」となるそうです。
晴れていれば、ホントに綺麗な川なんでしょうが・・・・無念。

bike34.jpg

bike35.jpg

町並みはこんな感じ。
小奇麗かつ趣があるというか…当初は開拓民村の始まりの一つとして始まった村らしく、結構英国テイストが残ってますよね。

この日は久々に・・というかこの旅行始まって初めてしっかりとしたご飯ものの夕食にありつけたことを覚えてます。
それまでサンドイッチとかパスタが多かったので…。

そうそう、更に宿では初めて相部屋の宿泊客がいたんです。
実は今までバックアパッカーズホステルのドーム(複数人がとまる大部屋)に泊まっても相部屋の人がいなかったんです。まぁ、小さな町を通ってきたので仕方がないのですが、ちょっと孤独でした。

相手の方は、私と同じ留学生でフランスから来たとか。ワーキングホリデービザで来ており現在は旅をしながら新しい職場を探してるとか。
互いに留学生なためつたない英語でしたが、久しぶりのまともな会話が嬉しかったのを覚えてます。


~8日目~
WANGANUI~LEVIN 100km


先日WANGANUIについた後多少は観光はしていたのですが、天気もいまいちでしたし、初めての大きな観光都市。もう少しちゃんと見回っておきたいと思い、まちのシンボルである「デイリーヒル」とう丘に登ってから出発することにしました。

bike37.jpg

bike38.jpg


そんなに高い丘ではないのですが、ファンガヌイ川を渡ったところにある丘のふもとには専用のエレベーターへの入り口があります。

有料ですが、確か1ドルか2ドルだったかと。

ちょっと古めかしい感じのトンネルを抜けたらこれまた古めかしいエレベーターにのって頂上へ。

bike39.jpg


丘のシンボルであるメモリアルタワー。戦没者の慰霊のモニュメントとして建てられたようです。

そんなに大きくはないのですが良い味だしてるなぁ・・。

bike41.jpg

bike40.jpg


176段階段を上ると展望室へ(部屋とは言えないような小ささですが)街の風景を一望できます。
ああ、晴れていれば・・・・晴れていれば・・・。
結局日を改めても天気は大してかわらなかったです、街の雰囲気はかなり好みだったため至極残念。

少し後ろ髪引かれる気持ちもありましたが、たどり着く>観光 がこの旅の目的。
この日のコースと地形です。

bike46.jpg

bike45.jpg

CIMG0822.jpg



距離はかなりありますが、地形はほぼまっ平ら。
最初の50キロはすこぶる順調に進むことができました。

bike42.jpg


その後sansonという小さな町で再び国道一号線に合流。
さてこのまま一気に…と思ったんですが、やはり一日中順調な道程なんてなかなかないものです。

国道一号線に入ってすぐ物凄い横風に出会いました。
トンガリロ国立公園で遭遇した風よりも一段と強いもので、まっすぐ走れません。

ちょっと信じにくい話かもしれませんが、自分でまっすぐに走っているつもりでも横合いから来る突風で路肩に押し戻されてしまうんです。


ちょっと走っては路肩に押し切られ、向きを直してまた走り出してもずるずると・・・。ちなみに2回こけました・・・。

風が車道側に向かって吹いていなかったのがせめてもの救いです。吹いてたらホントに命に関わる(´・ω・`;)
国道一号線なので交通量多いのです。


見渡す限りの平地、体力もまだまだ。

でも進めない。

これまたストレスたまってぶち切れモードに(笑)


お前か!この風はお前のせいなのか!!

959782CC92J82CC83i83E83V83J.jpg




・・・・・・いや、姫様は悪くないよね(´ω`*)




横を通るドライバー達には、道端で一人ヘルメット放り投げてる私はさぞ危ない人間にみえたことでしょう・・・(´・ω・`;)


bike43.jpg


それでもそこから十数キロ進むと風も幾分か弱まり、多少はスピードを出せるように。
そのまま漕ぎ続けやっとこさ目的地のLEVINへ到着。



bike44.jpg



ナショナルパーク周辺を越えたことで、地形的には山場を乗り切ったのですが、思いのほか風やら路面状態やらで障害は多く。この先も色々と難所がありました。
その辺りは次回の記事で(`・ω・´) ゞ



ああ、今回の旅行記事詰め込まなければならない情報が多いこと多いこと(´д`;)部分部分はしょっている部分もあるのですが、それでもかなりの量になってますな・・・。
なにはともあれ、なるべくすぐ続きかくですよ、それではまた!

Comment

猟犬 says... ""
ちょっとコメント欄をお借りして私信をば(`・ω・´)

ぎぁ子さんへ。

前々回の記事のコメントでも書きましたが、その後すぐに新しい記事かぶせてしまったんでもう一度。そちらのアドレスを伝えたい場合ここのコメント欄に書いていただいて結構ですぜ!
SECRETの「管理人だけに表示を許可する」という項目を使えば大丈夫だと思います。

あんまりブログの機能使いこなしていないんで、ちょっとあやふやですが(´∀`;)
2006.11.15 20:13 | URL | #- [edit]
Demi says... ""
ヘルメッツを投げるなんて暴挙に出るとは!Σ('(ェ)')

やっぱり観光地に行って曇ってるとショボォーンとなるよね。この間サイパン行ってきましたが3日間曇り・・・最終の帰国日は快晴で悔しい思いをw



ギップルを責めてるとふんどしが見えちゃうわよ。
2006.11.16 22:08 | URL | #tHX44QXM [edit]
猟犬 says... ""
>でみ様
>ヘルメッツを投げるなんて暴挙に出るとは!Σ('(ェ)')
(´д`;)私もまだまだ未熟っちゅうことですたい。
プチーンするまえに周りをキョロキョロするあたりがなんとも情けないです


>やっぱり観光地に行って曇ってるとショボォーンとなるよね。この間>サイパン行ってきましたが3日間曇り・・・最終の帰国日は快晴>で悔しい思いをw

サイパン!サイパパン!
サイパンっていうとカラっと晴れたイメージがありますよね。それは確かに悔しい・・・。
晴れてる日に行きたくとも、選べるほどまとまった時間ってなかなかとれませんしね…。
お天道様のアホンダラー!



>ギップルを責めてるとふんどしが見えちゃうわよ。
あっ、黒いものがチラッ・・アッーー!!
2006.11.19 12:25 | URL | #- [edit]
せm says... ""
こむばむわ貴方の(ry

正直、自転車旅行の追記が無かった時は
何処ぞで追いはぎにでもあって泣きべそかいてるんじゃないかと本気で思うとったわ。
ご無事なら何より。

さて、実はアタクシ一足お先にPSU始めてしまいましたの。
…やべーキャスト最高www
って事で早くあっちで会おうじぇー。
3ヶ月後を楽しみにしとるでの。
2006.11.27 20:16 | URL | #- [edit]
猟犬 says... ""
>せmち
お懐かしうございますだ。

ややや、その節はどもご心配おかけしました。
しかし追いはぎにあって泣きべそとは失敬なっ!
私もこちらにきて見違えるように成長したのです。
追いはぎに会ったらとりあえず全財産渡して

「今日はこのくらいで勘弁してやるよっ!」

くらいは言って見せますぜ!w


>>さて、実はアタクシ一足お先にPSU始めてしまいましたの。
>>…やべーキャスト最高www

貴様っ!きーさーまー!
ゲーム禁中の人間に言ってはならんことを!羨ましいじゃないかっ!

あと、三ヶ月、三ヶ月耐えるんだ俺…(`ω´;;;;;)
2006.11.29 16:59 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hound.blog33.fc2.com/tb.php/34-685e4920