猟犬だもの。

このサイトはネットゲームのプレイ日記をメインとしている、と見せかけて案外他のことも書いてあるよく分からないブログです。
Posted by Hound   2 comments   0 trackback

否定するもの

こんにちは、Houndです。

新生活が始まって早一ヵ月・・・予想以上の荒波に揉まれております。

何とかしないとまずいけど・・・焦るな、いい格好するな、と自分に言い聞かせる毎日です。
でも、今日のブログで書きたいのはそげなネガティブな事じゃなかとです。

先日、有難くもHound武器迷彩第四弾「ディナイアルワン」が実装と相成りました。

katana3.jpg

これまでも、実装を待って、SSと合わせて開発経緯なんかを書いているのですが、
今回も語りたいことが色々ある・・・!

独りよがりの記事ではありますが、やっぱりネタバレ的なこの瞬間が楽しくて・・・
自分へのささやかなご褒美、ご容赦ください博士!

いつもの様に続きは以下のリンクから( ˘ω˘)r




1.恥ずかしい武器設定

弾帯状のエネルギーカートリッジと、それを前・後どちらにでも射出できる
特殊なレールガン機構を採用した大型のプラズマ兵器。

アサルトライフル、バレットボウ、カタナの3形態に変形できる多様性に加え、
高出力のカートリッジを贅沢に使い捨てる事で、高い攻撃性能も両立している。

その反面、コストがかさみ、カートリッジ装填数も少ない為、継戦性能に難がある。
特に、カタナは攻撃性能と引き換えに、数合切り付ければ刃が消えてしまうという
致命的な弱点を抱えている。

また、弾丸・矢・居合を発射・加速させるレールガン機構のエネルギーとして
砲身の下部(金色の金具に保護されている部分)、柄部分にマガジン型のバッテリーを
組み込んでおり、重量・サイズも肥大化している。

やっぱり某博士が開発した。


2.SS垂れ流し

アサルトライフル
AR.jpg

AR4.jpg

AR2.jpg


バレットボウ
bow.jpg

bow2.jpg

BOW2-2.jpg


カタナ
katana1.jpg

katana2.jpg

KATANA2-2.jpg


納刀時
UP.jpg


3.デザイン経緯

実は当初のコンセプトは「火薬の力で居合を加速させる機械刀」がメインであり、
弓との複合迷彩にしたいと考えていたものの、弓はおまけ位のイメージでした。

リボルバー拳銃を大型化させた様な鞘に刃がくっついて、リボルバーの発砲に伴い、
爆炎と同時に刃で切り付ける、みたいな。
弓の時は、鞘だけ外して、リボルバー拳銃の様に構えます。

こんなのでした。(その時の仮名前は リボルビングロア)
リボルビングロア
今見ると凄く・・・かっこわるぅい( ´°ω°`)

ぶっちゃけその時やっていた、メタ〇ギアライジ〇グの高周波ムラマサブレードの
格好良さに当てられていた・・・というのが正直なところです。

しかし、何パターンのラフ画を重ねても、リボルバー機構を備えながら、居合の加速、
矢(弾丸)の射出、等々をかっこよく両立させる形状が思い当たりませんでした。

加えて、仮に思いついたとしても、「火薬の力で居合を加速させる機械刀」というのは
上記の高周波ムラマサブレードを始めとして、結構世の中に出回っているものなので、
新鮮味が薄い・・・・

という事で、今回も一度デザインを白紙にして練り直す事にしました。


居合の加速 と 矢の射出 をかっこよく両立させようとすると、どうしても
前・後に射出する機構が必要になる。
 → 前・後に射出しても説得力のある武器は何だ
  → 現代の兵器では不自然さが伴う。ある程度のSF要素が必要
   → レールガンはどうか
    →有効。しかし、レールガンモチーフではインパクトが薄い。
     →レールガンは方針が上下に口の様に割れる形状が多い。
      口=生物のモチーフに繋げやすいのではないか
      →OK。以前の没アイディアにあったサメのモチーフはどうか
       →OK。


という考えに至り、ラフ画を書き直す。
こんなんになりました。
今の形状に大分近いですね。
raough1.jpg


この時は、弓の形態は、そのまんまレールガンの形をしていました。
レールガンっぽい弓があってもいいじゃないー、と。

でも弓の構え・モーションを確認していたら・・・
弓は手に持つ時、腕をだらんと下に下げた状態になる為、前後に長さがある武器は
「地面にめり込む!」という事に気付いて、再度頭を抱える。

ここから変形機構に手を付け始めました。

正直に言うと、変形機構は私にとって、結構”賭け”でした。
これまで変形機構を持った武器迷彩を何度か投稿しましたが、全て
実装には至らなかったからです。
そして、敢えて変形機構をオミットしたイグニションフレアが実装されていた為、
頭の中に「変形機構は運営から嫌われる」というイメージがあったのです。

変形機構を弓に盛り込むかどうかは最後まで悩みましたが・・・
なるべくシンプルに、分かりやすく をモットーに可動範囲の少ないデザインにして
盛り込みました。


と、ここで・・・

あれ?この武器レールガンっぽいんだけど、弓時に変形させちゃうと、
普通のレールガンとして一切使ってなくない??

と、いう事に気付く。

→ じゃあアサルトライフルも入れちゃえばいいんじゃない?

という結論になり、再度デザインを練り直し、今の形状となりました。
そう、実はライフルは一番最後に急ごしらえで組み込んだ形なのです。


最後に名前はこれまでの投稿作品にあった

ディナイD・ドグマ (2014年デザコン投稿の可変型ダブルセイバー武器迷彩)

  と

コンフリクトワン (2015年デザコン投稿の可変型パルチザン&アサルトライフル武器迷彩)


の名前から少しづつ取って付けました。

意訳すると 「(ダーカーを)否定する存在」 というイメージです。


決して、スクラッチを中華娘に回してもらって
「ディナイアルワンが出ないアル、わーん!」と言って欲しかったわけでは
ありません( ˘ω˘)



4.余談
今までの私のデザコン作品は、自キャラやチームメイト等、特定の個人を(私が勝手に)イメージして
作ったものでしたが、ディナイアルワンには特定のイメージ元人物はおらず
「複合武器迷彩だしチムメン皆で幅広く、わいわい使って貰えれば幸い」、という思いで作っています。

なので、砲身のサイドにチームのエンブレム(白単色にシルエット化したもの)を入れております。
めっちゃ身内ネタですが・・・デザイン者の最後の我儘・・・どうかごお許しください。ディナイアルワン エンブレム拡大  エンブレム




5.最後に
実装に際しては、変形機構、各種エフェクト、そして 効果音 と、非常にクオリティ高く
再現してもらい、天にも昇る気持ちです。
大分運営さんに気を使ってもらってモデリングしてもらったのでは・・・感謝が尽きないです。
サメの目が光らない、弓時にカートリッジが分離&刃が出現しない、等の相違点はありましたが
多分この辺はプレイヤーからは見えていない仕様の難しさがあるのだと思います。

そして、チムメンやフレンド、一般ユーザーの人に喜んでもらえたのが何より嬉しいっす。
妄想くらいしか取り柄のない自分ですが、そんなんでも多少は人様の役に立つんだなーと。


今後は仕事の都合でゲームにもデザコンにも参加しづらくなってしまいますが・・・
なんとか後1回くらいは頑張りたいなぁ。

いっそデザコンの為に転職するか(笑)( ・∇・)

Comment

SKULL says... "有難く使わせてもらってますよ"
さすがハウさんこだわりのデザイン チームエンブレムは気づいてなかったわw
ディナイアルワンからチーム愛が感じられる素晴らしい迷彩ですね
また明日からロビーで布教しときますね^^


2017.05.16 00:10 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>>SKULLさん
コメント有り難う御座います( ・∇・)r
まぁ結局は私の自己満足なんですけどねい。
なんか隠しネタを一つ二つ盛り込んだ方がたのしくて、つい。

俺のチーム愛を感じ取ってくれるなら、そっとしておいてぇぇぇぇぇっ!
2017.05.18 12:12 | URL | #MyxG9gFQ [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hound.blog33.fc2.com/tb.php/129-6dda130d