猟犬だもの。

このサイトはネットゲームのプレイ日記をメインとしている、と見せかけて案外他のことも書いてあるよく分からないブログです。
Posted by Hound   6 comments   0 trackback

フィリピン セブ島旅行記+α

こんにちは、夏休みのハードスケジュール後で、ちょっとぐったり気味のHoundです。

長いようで、終わってみれば早かった夏季休暇……さて、記憶が薄れないうちに今回の
フィリピン セブ島旅行について、書かせて頂こうかと思います。

そもそも、セブ島ってどこだ!ってところを説明しますと

blogr65025-140817.jpg

フィリピン中部のヴィサヤ諸島に位置する、細長い島です。
いわゆる南国のリゾート地として有名でダイビング等のマリンスポーツが盛んな場所。

blogr65001-140817.jpg

尚今回は、いつもの自転車旅行のようなぼっち単身旅行ではなく、ニュージーランド留学時代の
友人達と一緒に行ってまいりました。
割と海外旅行の詳しい人達で、セブ島行きの提案もかの人達から頂きました。

単身ではないとはいえ、初めての東南アジア旅行…どうなる犬畜生の珍道中( ´・∇・` )

続きは以下のリンクから!







旅行期間は8月10日~14日の4泊5日。


1日目

旅の始まり。
さぁ、フライトは成田空港からということで家を出発……

( ´゚д゚`)台風が直撃した

の、のっけからもう…。

とはいえ、実際は新幹線が50分、成田空港からの飛行機出発が1時間遅れた程度でした。
飛行機の遅れなんてよくありますし、欠航にならなかっただけよしとしないとね。

どちらかというと、問題はマニラ(フィリピン首都)での乗り換えでした。

セブ島までは、成田 → マニラ → セブ と、一度マニラ空港での乗換えを介しているんですが、
ここで大混乱。

成田空港の出発が遅れたことが関係しているとは思うんですが…
 ・チケットに書いてある乗り換え搭乗口、搭乗時間が、実際のものと違う
 ・電光掲示板が少なく、変更された乗り換え情報が分からない
 ・国際線・国内線のゲートが完全に分かれており、乗り換えには一度空港の外まで出る必要がある。
 ・現地の人の英語が聞き取りにくい(´・ω・`) (これは私のリスニング力不足か)


なーんて要因もありました。
よくわからないまま、マニラ → セブ のフライト時間が2時間も遅れ、私達は
「( ´゚д゚`)この搭乗口で本当にあってるのかよ・・・」と囁きあいながら過ごしておりましたw

それでも無事セブ島へは到着。
ただ、大幅に遅れたために、ホテルに着いたのは夜中の3時頃。初日はそこでバタンキューです。


2日目

この日は、前日が夜遅かったということで昼頃から出発し、のんびりセブ島の市街を散策。

セブ島の風景。
blogr65003-140817.jpg

blogr65002-140817.jpg

私も典型的なリゾート地を思い浮かべていましたが、観光地として整備されているのはホテルの周辺と、
セブ本島の南東に位置する小島「マクタン島」のようで、少しホテルから離れると、割とごちゃごちゃした
雰囲気。

残念ながらお世辞にも綺麗な街とはいえないかな・・・・? 路地裏を見るとスラム街っぽい場所もちらほら。

2枚目の緑の車は現地のバス。
非常に多く走っていますが、ルートも乗り方もよくわからない・・・!

なれていない観光客はタクシーを使ったほうが賢明かもしれません。
私達もタクシーを使いましたが、運転の強引さにちょっとびっくり。
加えて、車道にも歩行者や、物売りがいっぱいいるもんだからぶつかりそうで怖い怖い。
みんなで「(゚Д゚;)あー!あー!ぶつかるぶつかる」なんて言いながらびくびくしてました。

でも、結局一回も接触事故等起こらず・・・・現地のドライバーは凄いな…。


おまけ

blogr65023-140817.jpg

セブのショッピングモール内で見かけたポスター。

るろ剣・・・しかも京都大火編だとぅ!?
もう海外に出回っているとは…ジャパニメーション(これは実写だけど)の人気はここでも凄いのかな。


この日は本当に散策だけだったんですが、夕飯はちょっと有名なレストランに行ったのでご紹介。

レストランの名前は 「 マリバゴ チキン グリル & レストラン 」

blogr65004-140817.jpg


セブ南東にある小島、「マクタン島」の南側に位置しています。
(セブ⇔マクタン間は道路で行き来可能)

ジャングル風の敷地の中に、屋根付きのテーブルが設けられているオープンレストラン。
ネットでの評価が高く…行ってみたら日本人だらけだった( ノ∀`)

blogr65005-140817.jpg

名物のグリルドチキン。
味はテリヤキ味のチキンに近いかもしれません。

これで95フィリピンペソ。日本円にすると約220円位ですね。
レストランの料理でこれは安い…というか食事関係の物価は全般的に安いです。

勿論チキンだけでなく、チャーハン的なもの、スペアリブ等 他にも色々なフィリピン料理があり、一部クセの
あるものもありましたが、比較的外れなしのお味b
何より安価で色々気軽に注文できるので、友人同士でわいわいやるには丁度いいところかもしれません。


blogr65024-140817.jpg

店内には猫が数匹ウロウロしてます。
写真ではそっぽを向かれてしまいましたが、実際は、足元でこっちを「( ФωФ)ジィーー」っと見つめながら
ご飯をねだってきます。


友人A 「あかんよ、こういうのは変に餌をやったらあかんよ!」


友人B 「ダメだよ、あげたら他の猫も一斉にこっち来るよ」


ネコ 「( ФωФ)ジィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー」


・・・・・・・わたしは・・・・耐えられなかった・・・・。



3、4日目

3,4日目はアクティビティーツアーに参加。まとめて書いていこうっ!

1)セブ島近海でのシュノーケリング

blogr65007-140817.jpg

ボートに乗って、セブ島近海の小島に行き、その周辺でシュノーケリング等のマリンスポーツができる
ツアーに参加。

海の色が・・・静岡とまるで違うっ!

blogr65022-140817_20140819112814370.jpg

ボートで移動して数十分で見えてくる小島。
島といっても、本当に小さく直径数百メートル程度。
島の中にはちょっとした食事処があるくらいで、シーズン以外は無人の島になるそうな。

海の中には所狭しと熱帯魚がおり、こちらが"撒き餌"(ツアー参加者に配られる)を持っている為、
わらわら寄ってきます。

綺麗じゃーと思ってたら、魚が私の身体にも噛み付いてきて、地味に痛かった(´・ω・`)

本当は他にもバナナボートに乗ったり、シーウォーキング(潜水服の頭部分だけかぶり、海底を歩く)なんかも
やったんですが…われわれ誰一人として、水中カメラを持ってきていなかったんですよね。
載せられる写真がぬぇぃ……うーん、準備不足を痛感するな。


2)ボホル島散策ツアー

翌日、セブ島のこれまた南東にある別島「 ボホル島 」を散策できる
日帰りツアーに参加。

ボホル島の位置はこの辺。
blogr65026-140817.jpg

マクタン島とは違い、大きな島ですね。
セブ島からは高速フェリーで向かいます。片道2時間程度の距離です。

ボホル島の風景。
blogr65012-140817.jpg

blogr65016-140817.jpg

セブ島が人口の多い賑やかな都市なのに比べて、ボホル島は手付かずの自然が多く残った、静かな
観光地というイメージ。

フィリピンは大航海時代、ポルトガルやスペインの植民地となっていますが、ボホル島はスペイン人が多く
入植し、その際にカトリックを広めた事から、島民の多くがカトリック教徒であり、そのせいか街の治安も
比較的良いとのこと。

島の中にいたのはわずか数時間ですが、ボホル島の見所は多いです。
サクサクと紹介していこう!

島内の最古(級)の教会「 バクラヨン教会 」

blogr65013-140817.jpg

1595年にスペインの入植者によって建設された教会・・・・なんですが、地震により倒壊し、現在は
修復中。

実はボホール島は2013年10月に起こった、M7.2の直下型地震の震源地であり、フィリピン内でもっとも
損害の大きかった場所だったりします。
(この地震で200名近くの犠牲者が出ましたが、その9割がボホール島の方)

島の至る所に地震の傷跡が・・・・。
blogr65015-140817_20140819120544082.jpg

と、残念ながら一番古い建物には入ることは出来ないのですが、礼拝堂は周囲の建物の中にあり、そちらは
見学することが出来ます。

blogr65014-140817.jpg

中は幻想的な雰囲気…。
島国の自然の中に、西洋風の礼拝堂がぽんと混じり、独特の印象を受けました。

もし興味があれば、バクラヨン教会をネットで検索してみてください。地震前の画像が見つかるかと
思います。


ツアーの中では、ボホル島に生息するフィリピン メガネザルを見ることが出来ます。
フィリピンでの呼び名は「 ターシャ 」(写真が荒くてすいません)

blogr65018-140817.jpg

ターシャ ヤコウセイ ノデ ヒルマ ターシャ ネテル (現地のガイド風)

動物園・・・というか、ジャングルの一角に、簡素な建物があり、その周囲にいるターシャを観察することが
できます。見るだけヨー、お触り禁止デスヨー。

本当に小さく、大人の握りこぶしくらいの大きさでしょうか。

ちなみに目が開くとこんな感じらしい (◎ω◎)クワッ
blogr65020-140817.jpg


最後に島の中央部にある、小丘郡「 チョコレート・ヒル 」
blogr65021-140817.jpg

綺麗にぽこっと盛り上がった小丘が、なんと1,000以上広がっています。

チョコレートいう名前がついているのは、乾季になると、丘の草木が枯れて変色し、遠くから見ると
チョコレートの一粒に見えるからだとか。
周囲360度に広がる、小丘郡の風景は正に名所と呼ぶに相応しいと思います、ただできれば乾季に
みたかった…。

この丘郡がどうやってできたかは、諸説あるもののはっきりした理由は分からないみたい。
ただ、伝説としては「巨人同士が石を投げ合って喧嘩し、その後片付けをしなかった」とか
「死んだ女性を思って、流した青年の涙が丘になった」なんてものがあるそうですよ。


5日目

5日目は、帰国するだけですので、特に書くことも……

と、思いきやまたもやマニラ空港の乗換えで大混乱。

行きの時よりも乗り換えの時間猶予が無く、バタバタとチケットに書かれている搭乗口に向かったら、またもや
搭乗口が変更になっており、再び「(´Å`:)ここでいいのかな…本当に帰れんのかな… …」なんて言いながら
びくびくしておりました。

…無事帰れましたけどね( ノ∀`)


セブ島の旅行記は以上ッ!

終わってみれば、乗り間違えも無く、記事では書かなかったものも含めて小トラブルはあったものの、
旅行を台無しにするようなものではなく、初めての東南アジア旅行としては楽しめたのではないかなと
思っています。

いつもの目的地にたどり着くことを第一に考えている自転車旅行と違って普通の旅行もイイモノダー。
お金がたまったらまた行きたいものだ…誘ってくれた友人に改めて感謝しつつ、今回はここいらで!










と、見せかけてちょっとオマケ。

おまけ PSO2感謝祭2014 決勝大会

旅行後、そのまま東京に留まり、前回東京会場でご一緒したフレさん達と合流して、感謝祭の決勝大会に
行って参りました。

有明コロシアムだぁぁぁー!

blogr65027-140817.jpg

会場内は基本的には撮影禁止でしたので、遠くからぱちりと撮ったこの写真意外は御座いませんが、
決勝大会・アップデート新情報・コスプレコンテスト等盛り上がる要素が多いこと多いこと。

セブ島で疲れた身体でもテンションが上がりましたねやっぱり。
詳しくは公式サイトをチェックだ!(ダイレクトマーケティング)

blogr65028-140817.jpg

場外の落書きコーナー。
とてもぶっつけ本番でうまく書ける自信がなかったので、あらかじめ描いたものをペタリ。

ちなみに…予告緊急にエルダーの選択肢は…なかった…。

ネットにはもう色々と上がっておりますが、今後EP3はもちろん、ウォパル新エリアに・・・遂に
アルティメットが今冬から導入!待っていた、この時をずっと!

そういえばここんところずっとPSO2の記事を書いていない気がする…、え、EP3になったら本気出す…!

ご一緒した皆様、楽しい時間を有難う、またオラクルでお会いしましょうb
それでは今回はここいらで( ノ∀`)ノシ



Comment

レオン says... ""
長旅お疲れ様でした。
現地の様子を覗けるハウさんの旅行記は
出不精な私の密かな楽しみになっております。
あぁもう海なんて何年入ってないことやら…

長旅明けにもかかわらず
用意周到なハウンド魂にも感服です。
…というかどんどん描き慣れてきてやしないかしら。
次回は私も何か用意したほうがよさそうですねぇ。

なにはともあれ、休暇を満喫できたようでなによりです。
また日常が戻ってきてしまいましたが、
次の休暇までお互い頑張っていきましょう!
2014.08.19 21:49 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>>レオンさん
コメント有難う御座います。
楽しみにして貰える、というだけで書くモチベが上がりますよっ!
惜しむらくは自分の拙すぎる文章力かな…。

こう、もっと旅行記っぽく書けたらいいんですけどね。

Houndがぁ~、南国の島国でぇ~、ターシャにぃ~、出あったぁ~ ってな具合に…

いや、何か違う(´・ω・`)

はっつけた絵はむしろ準備がちょっと中途半端でした;
清書したかった・・・!

レオンさん、次回の準備は気になさらないで、今はベストなSSを贈っていただければ
それがなによりの・・・!(´∀` )ニヤッ

お互い今年も忙しくなるかと思いますが、EP3を始めとするアプデを楽しみに
年末まで乗り切りましょうッ!
2014.08.21 00:45 | URL | #- [edit]
雛 says... ""
雛ですよー(*'ω'*)

こういう記事を見ると、旅行っていいもんだなあと痛感しますねえw
殆ど経験ない私は特にw
でも、現代人のもやしっ子なのでPCに触れてないと禁断症状がががが((+_+))

旅行の後そのまま感謝祭だったのですねー。
流石はチャリンコで海を渡ったハウガイガーだ。とてつもない元気だ。

なんにせよ、楽しい時間を過ごせたようで何よりです(*´ω`*)
またこういった記事で元気を貰いますね♪

エサマダー?( ФωФ)ジィーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014.08.21 19:22 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>>雛さん
コメントありがとう御座います!

さぁ、遠慮せずお食べ…
っ【お土産に買ったカカオ100%チョコ】

試しに自分でも一つかじってみたら、飲み込めない
レベルで御座った(;゜∀゜)。

元気……と見せかけて、休み明けはぐったりしており
ました。ヤハハ、無理はダメですねやっぱ。

後、自転車で海は渡ってないからね( ̄□ ̄;)!!

まだまだ暑いですが、雛さんも体調気を付けて!



2014.08.22 15:41 | URL | #- [edit]
鈴蘭 says... ""
 壁|ω・`)ノ ヤァ
 改めて、おめでとうございます。
 
 これはそうそうあることでなく。
 何より、Houndさんの努力が評価されての、幸運以上の勝ち得た成果ですから。
 これを祝わずして、何を祝うというの(´・ω・`)?

 フレさんと図って「形に残るお祝いを…」と考えもしたんですが…。
 影で不発に終わっていたり(´・ω・`)

 私からは改めてということで。
 忘れた頃にお届けに上がるかもです。
 …たぶん…きっと…?
 


 Houndさんの破軍を手にするまでには、なんとか…(・ω・;)
2014.09.22 14:07 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>>鈴蘭さん
ぬぉぉ、気づくのが遅れたっ、コメント有難う御座います!

っていうか、わざと1つ前の記事に書きましたね(´・3・`)!?

こちらこそ、改めまして有難う御座います。
努力が評価された、と言って頂けると本当に嬉しいです。

今更ですが、6・7月のログイン率が低かったのは、こいつ(ともう一つの作品)の
せいだったりします。

ただ、入選にはやっぱり運もあったと思ってますけどね(´∀` )
(上手い人が、実装の難度が高そうなテーマで投稿していた、等)

色々、企画を練って頂いてたとは・・・度々恐縮ッス!
しかもまだ画策なされている…!?

(´∀` )有難う御座います、恐悦至極…これを楽しみに年末まで生き抜こう、そうしようっ!
2014.09.29 19:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hound.blog33.fc2.com/tb.php/111-130ab0aa