猟犬だもの。

このサイトはネットゲームのプレイ日記をメインとしている、と見せかけて案外他のことも書いてあるよく分からないブログです。
Posted by Hound   6 comments   0 trackback

新潟~郡山 自転車旅行

こんにちは、まだ5月の上旬だというのに家の中ではいつも短パン。Houndです。
部屋の日当たりが良すぎてすぐに温度上がるんだ…いい物件があったら引越し考えようかな(´Å`)

blogr63019-140510.jpg

さて、今回はGW後半に行った自転車旅行の記事をb
(上の写真は、道中の旅景「磐梯山」が見える一枚)

…っていうかもうGWが終わってから1週間も経ってしまったのか…光陰ラストネメシスの如き、ですね。

さぁさぁサクっと書いていこう。
やりたいことが目白押しだ(´・3・`)


今回行ってきた旅行は、昨年夏の旅行のスタート地点「JR新潟駅」から走り出し、会津地域の
山脈を越え、福島県の「JR郡山駅」まで走るルートです。

今回は、日本の背骨を越えて、次の旅行で東京まで走る為の「刻み」の旅行ですね。

blogr63021-140510.jpg

総距離は約200km、これを3日間(5/2~5/4)かけて走りました。
1日辺りの距離は70km以下。恐らく今までの自転車旅行で一番短いんじゃないでしょか。

ちょいと甘めですが、フルマラソンで痛めた膝と、練習不足を考えれば、今回は無理せずに
のんびり行ける良いルートかなと思います。



そいでは続きはいつもの様に下記リンクから!ヽ( ´ー`)ノ

1日目(5/2) 新潟 ~ 鹿瀬

blogr63001-140510.jpg


前日の5/1に、別の用事で新潟まで車で来ていたので旅日記はここ、去年の夏の旅行
思い出深い新潟駅からスタート!

blogr63004-140510.jpg

この日の移動距離は66kmと短く、多少アップダウンはあるものの、登っても100m程度なので
気楽にいけますね!

時間にも余裕があったので、昼頃に駅を出立。

blogr63005-140510.jpg

走り始めてすぐに気が付きましたが、新潟の市街は結構川の多い地域なのですね。
この日のコースは市街地から東南へ向かい、山間の谷に入っていくものだったんですが、
思いの他川がぐにゃぐにゃあり、それに伴い道も折れ曲がっておりなかなかまっすぐに進めない…。

まぁ、川が目印になるから、迷いもしないんですけどね( ノ∀`)


谷に入ってしばらく走ったところで、「津川」という街に到着。


入ってみたら何やら祭りの準備をしており……そして、何故か「狐」のオブジェクトが街の
至る所に。

blogr63007-140510.jpg
こんなのこんなの。

なんじゃろなー、と思いつつ調べてみたら、ここ津川は「狐の嫁入り行列」というお祭りで
有名なんだとか。

blogr63006-140510.jpg
(祭りの紹介をしている「狐の嫁入り屋敷」)

これは、毎年5/3に行われるお祭りで、”狐面風の化粧”をした花嫁がお付と供に町内を
練り歩き、町内各所で踊り等の歓迎イベントを受けながら、花婿の待つ結婚式場へ向かい、
最終的には渡し舟に乗って、近隣の山”麒麟山”へ向かう…というユニークなイベント。

(参考ホームページ:http://www.town.aga.niigata.jp/kankou/yomeiri/nagare/index.html)

なお、この狐面風の化粧をするのは、行列の参加者だけではなく、裏方スタッフや観光客、
果ては交通整理を行う警察にまで……つまりは、基本的にこの街にいる人たち全員が
狐面の顔になり、ある種のファンタジーな光景が拝めるらしい。

一日待てば、この祭りが見られるので…ちょっと逗留しようかと考えましたが、
祭りは5/3の夜…スケジュールが大幅に狂う事になる為泣く泣く断念。


津川から暫く走ったところで、その日の宿、鹿瀬町の"角神温泉"に到着。

blogr63008-140510.jpg

まだそんなに高いところではないけど、宿の近くにはダム"鹿瀬ダム"が。
今まで山を避けて走ってきたから、ダムってあまり見なかったな…。

こういうダムって、なんかいいよね(´∀` )
昔各地の有名なダムを巡るツアーがあると聞いたことがあるけど、そういうニーズがあるのも
頷けるな…。
「この下に沈んだ町が…」なんて妄想を巡らしたくもなるなる。


2日目(5/3) 鹿瀬 ~ 会津若松

blogr63002-140510.jpg

2日目の行程はこげな感じ。
地図左下の高低図の上限が500mになり段々と高度が上がってきた…。

実は自転車で長距離走る時楽なのは、
”上りは急勾配を短距離登り”、”下りは緩やかに長距離降りる”と言われています。

今日のコースは…どっちかっていうと逆だな(´∀`;)
距離は短いけど、後半実感がわかないままじわじわ疲れていくパターンですね。

blogr63010-140510.jpg

鹿瀬からちょっと走った辺りで、福島県に突入。

blogr63009-140510.jpg

新潟から福島に入っても、やはり旅路は川と共に。
川沿いの道は意外に細かいアップダウンが伴うことが多いのですが、視界が開けるので
景観は良くて嫌いじゃなかったり。


景色は綺麗なんだけど……この後特に何も無かった(´・ω・`)

blogr63011-140510.jpg

この日の目的地、会津若松に到着。

会津若松市は、北の飯豊山地・東の奥羽山脈・西の越後山脈に囲まれた盆地にあり、
昔から交易で栄えていた旅の要所ってイメージですね。

観光スポットも多く、特に昨年の大河ドラマ「八重の桜」の影響もあってか幕末の会津藩に
スポットを当てた名所がかなりの賑わいをみせておりました。
上の写真にある銅像も会津戦争で自刃した”白虎隊”のものです。

やっぱ大河ドラマの影響って今でもすごいです、お陰で宿を確保するのに苦労したぜ( ノ∀`)

この日の到着は夕方だったため、本格的に観光はせずに就寝……

blogr63012-140510.jpg

あ、でもでも。
名物だけはしっかり食べてきました。会津若松名物「ソースカツ丼」!

会津でなぜソースカツ丼が名物になったのか…という由来はあまり、はっきりしていない
様ですが、「会津伝統ソースカツ丼の会」なるものがあり、街中には会の加盟店がちらほら。

私が行って来たのは会津若松駅…より一駅南に行った、”七日町駅”の近くのお店「」。

ご飯の上にキャベツを敷き詰め、ソースをたっぷり掛けたカツを乗せたこの料理は…
やっぱり意外性はないのですが、逆にはずれもないですね。美味しい美味しい(´∀` )

会津若松に寄ったら食べて損の無い一品ですぜ、旦那!


3日目(5/4) 会津若松 ~ 郡山

blogr63003-140510.jpg

さぁ旅の最終日。行程はこんな感じ。
ゆるーやかーにのぼってゆるやかーにくだるコース。
最大標高差は320mですが、スタート地点が高いので単純な高さとしては500m越えの部分が
多いのですよね。

この日は午前の時間を使って会津若松をちょっと散策。

blogr63020-140510.jpg

会津若松駅から南に暫く行ったところにある「若松城」。
地元では「鶴ヶ城(つるがじょう)」と呼ばれており、現地ではこっちの
表示の方がよく見かけるかも。

会津戦争で落城…はしなかったものの、大きく損傷し、その後明治政府の政策で1874年に
取り壊され、現在見ることができるのは1960年に再築されたもののようです( ‘-‘)r

会津藩を語る上で欠かせないスポット…ということで、まぁ凄い人凄い人。
じっくり見学したかったですが、人混みに負けて天守閣だけカメラに収めてささっと
出てきてしまった( ノ∀`)


blogr63013-140510.jpg

もう一箇所紹介!
市街の西方、飯盛山にある「白虎隊記念館」&「白虎隊士墓」。

白虎隊とは、会津藩の組織の部隊一つであり、16,7歳の若い隊員で構成された組織。
会津戦争の中で、本来は予備兵力であった本部隊が戦いに赴き、装備・物量で勝る新政府軍に
追い詰められ、隊の一部が飯盛山で自刃という悲劇を辿りました。

記念館の中には所狭しと並べられた当時の文献や、武具(レプリカも含む)がありましたが…
やっぱり撮影は不可( ´・∇・` )
興味がある人は自分の足でチェックや!

白虎隊だけでなく、戊辰戦争についても説明がありに、それに伴い新撰組に関する展示物も
ところどころに。やっぱり人気よのう。

blogr63014-140510.jpg

記念館の横に、階段とエスカレーター(有料)が作られており、隊士達のお墓までいくことが
出来ます。

ちなみに私は…「この後山越えするんだからしょうがないじゃないか(えなり)」と心の中で
言い訳しながらエスカレーターに乗りました( ノ∀`)


と、ちょっと駆け足気味に観光を終えて、3日目の行程をスタート!

会津の市街を出るとほぼ同時にゆるゆるとした登りに入り、そのまま猪苗代湖(いなわしろこ)へ。

blogr63015-140510.jpg

猪苗代湖は琵琶湖、霞ヶ浦、サロマ湖に次いで日本で4番目の広さを誇る湖。
水質がよく、水中の不純物が少ないことから天鏡湖とも呼ばれているとか。

そうそう、ブログ記事冒頭の磐梯山の写真を撮ったのもこの辺り。
山と湖に囲まれた景観は文句なしですb

さて、猪苗代湖に出た後は暫く湖の周りの平地を走り、湖から離れるのに合わせて長い長い
下り坂に。こっからははやかったなぁ…。
郡山駅まで下るのに数十分しかかからなかったんじゃないだろうか。

blogr63018-140510.jpg

そんなこんなで無事に今回のゴール地点、郡山駅まで到着!!

坂自体は多かったですが、終わってみれば、日を分けて距離を短くした事、下りが長かった事、が
幸いして、あまりキツイ箇所はなかったかな、というのが感想。
心配だった膝も駄々をこねなかったので一安心( ´∀`)=3


思いのほか早くゴールできた為、以前の記事でリオさんからのコメントで紹介を頂いた
ラーメン屋さんに行ってみる事にb

blogr63016-140510.jpg

行ってみたのは、郡山駅から西に3km程いったところにある「トクちゃんラーメン

店のおっちゃんが作っている手打ち麺と、シンプルながらもちょっと魚介風味の効いた
あっさり醤油スープが魅力のラーメン( ‘-‘)r

blogr63017-140510.jpg

わたしどちらかというと魚介系スープってあまり好みじゃなかったりするんですが、
今回は昔ながらの中華そばの中でほんのり魚介風味が主張しているような印象でかなりお勧めかも。
人を選ばない良い味、な気がします。

リオさん改めて、ご紹介有難うございました( U´T` )b


さて、その後は新幹線にのり、その日のうちに静岡まで。
郡山 → 静岡 って新幹線に乗っている時間だけなら2時間程度なんですね…世界は狭く
なったもんだわさ。

此れにて今回の旅行は無事終了。
終わってみればGWは、SHリグシュレイダの突進並に早かったな……。
嗚呼、早く来い来い夏休み。

上手くいけば次回の旅行で、「道」がつながり、自転車での日本縦断旅行は完了となりますが…
さて、どう走ろうかなヽ( ´ー`)ノ
先の楽しみをゆっくり考えつつ、今回の記事はここいらで!

Comment

レオン says... ""
おかえりなさい、そしてお疲れ様でした。

きつねの嫁入りに猟犬が参加したら大騒ぎになるところでしたね。
という冗談はさて置いて。なんだか盛り沢山の連休でしたね。
休暇の大半をアークスシップ甲板ですごした私とはえらい違いだ…

ハウンド漫遊記ー日本編ーも残り僅か…楽しみしかり名残惜しくもありますね。

何はともあれ、膝にも大事なく
無事な完走おめでとうございました。
2014.05.13 08:12 | URL | #- [edit]
鈴蘭 says... ""
 大きいだけの鈴蘭です。
 無事のご帰還、なによりです(´・ω・`)

 歴史好きの自分としては、白虎隊とかには心惹かれるものがありますね…。
 長岡藩の河合継之助…でしたっけ…戦史上の快挙を成した戦術家とかのお話も好きで…。
 …って、この手の話は長くなるから割愛しましょうか;

 出無精な自分ですが。
 自然や文化に触れる感覚は好きだったりするので。
 Houndさんの旅日記を読んでいて、非常に楽しく感じました。

 機会があれば、自分も訪ねてみたいものですのぅ…(´=ω=)


 いよいよ縦断の旅も最終章。
 地理には明るくないので、膝に負担のかかる道行きであるのかは存じませんが。
 その時に備えて、しっかり養生してくださいね。
2014.05.13 08:54 | URL | #- [edit]
リオ@THS says... ""
こんにちは

ご無事の生還は何よりです。リオでした。

写真を見る限りだと、全日程、晴れの模様ですね、天候に恵まれて、なにより。また、鶴ヶ城に寄られましたか、相変わらずの人の多さには、驚かれたと思います。

それと、やっぱり、会津といえば、白虎隊ですよね。会津に寄ると、グッズを買ってしまう私です(´・ω・`)

ラーメン屋の件、ハウさんは魚貝系が苦手でしたか、知っていれば、もう少し美味しい所も書けてたかな?とはいえ、紹介した店に寄って頂き有難うございます。

膝の調子はいかがでしょうか?

残りの旅の日記も楽しみにしております。

ではではノシ
2014.05.13 16:07 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>>レオンさん
コメントありがとうございます。
大騒ぎになってもいいから、ちょっと参加してみたかった(´∀` )
ああいう非現実的な雰囲気を味わえる催し物には興味あるのですよね。

わたしがサボっている間も、DFバスターはソーンの船を守ってくれていたのですね…。
レオンさんがいればルーサーが3分でコロコロされる日も近いでしょう。

もう縦断の旅も後わずかか…一体どれだけの休日を潰してきか考えると
感慨深いものがありますね

まぁ、まだ結構距離があるので次回が最後になるかっ分かりませんが
こんなつたない記事でも旅っぽさを感じて頂けたらこれ幸い!

2014.05.13 21:08 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>>鈴蘭さん
コメントどうも有り難う御座います!

鈴蘭さんのブログ記事の言い回しなんかから、お詳しいそうだなとは
思っていましたがやはり…!

逆に私は、そういった知識はさっぱりなので羨ましいですね。
そういった意味では、こういった旅行記事を書くことで、今更ながら結構勉強になっていたり
します。

わたしのは完全に自己満足の旅なのでちょっと気恥ずかしいですが、自転車の旅の雰囲気を
感じ取っていただけたのならば光栄の至りぃぃ(`・ω・´)ゞ

すぐにヘソを曲げるお膝様のご機嫌には気をつけながら、続きを楽しんで行きたいと思います。
2014.05.13 21:15 | URL | #- [edit]
Hound says... ""
>>リオさん
コメント有難う御座いますっ。

GWの後半は全体的に天気に恵まれました、私にしては珍しく( ノ∀`)

そうか昔、郡山に住まれていたということは、会津にも結構行かれてたんですね。
やぁ、人の多さにはびっくりしました。

あ、ラーメンのところは変な書き方をしてしまってすみません。
魚介系は「強いて言えばクセがちょっと苦手」くらいで、紹介頂いたラーメンはクセもなく
素直に美味しいと思いました。手打ち麺の食感もグーですねb

こちらこそ紹介を頂いて有難う御座いましたヽ( ´ー`)ノ
心の中でリオさんをラーメン博士に認定しようっ。
2014.05.13 21:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://hound.blog33.fc2.com/tb.php/108-1e9ba713